北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫婦ぶらり旅 #2 士幌線跡(第三音更川橋梁)

<<   作成日時 : 2010/04/21 11:22   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

夫婦ぶらり旅、2回目は士幌線跡(第三音更川橋梁)をお伝えします。
中士幌で燃料補給を済ませ、上士幌町からは国道273号へ入り北上します。

国道273号国道標

この国道沿いにはかつて国鉄士幌線が走っていました。

そしてその名残を国道から随所に見る事ができます。


特にコンクリートアーチ橋はその景観の美しさから今も大切に残されており、鉄道ファンをはじめ多くの方が訪れる観光スポットになっています。



走行しているとこの案内標識が目に止まります。

第三音更川橋梁・駐車場

この案内標識に従って車を駐車します。


この近くに旧士幌線、第三音更川橋梁があります。

●第三音更川橋梁   ※上士幌町ホームページより
http://www.kamishihoro.jp/information/show_page01.php?id=697


径間32mのこのコンクリート橋は、大アーチを使用した大規模鉄道橋の初期のものであり、建設コスト削減や自然景観への配慮を進めた点が建設技術上高く評価されています。

建設業がとかく世間から厳しい視線を送られている昨今ですが、こうした土木建造物が後世に歴史的建造物として残っているのも、高い建設技術や品質管理があったからこそと思っています。

「安かろう、悪かろう・・・」、これは公共建設物構築にあたっては一考が必要ではないでしょうか。



橋の歴史がこの説明板に記されています。

説明板




ただしこの付近はヒグマの生息地帯で、出没例も多く聞かされていますので十分にご注意願います。

ヒグマ出没注意



今回は国道上からその雄姿を眺めるだけにさせていただきます。

橋梁

アーチ橋の姿は、四季折々でその景観が大きく変化します。

まだまだ雪も残り寒いこの地域ですが、この先には「源泉掛け流し宣言」を行っている「ぬかびら源泉郷」があります。


我が家夫婦も今宵はこちらの温泉でお世話になる予定です。

さぁ温泉に入って冷えた体を温めたいと思います。

そして「ぬかびら源泉郷」が宿泊者向けに行っている名物無料湯巡りに行きたいと思います。





●NPOひがし大雪アーチ橋友の会ホームページ
http://www3.ocn.ne.jp/~arch/




■「第三音更川橋梁」はこちらです。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜

この周辺の駅跡には行かなかったのですか?
糠平発電所前に電力所前駅があったと聞いたことがあります。
今では考えられませんが、昔はこの近くに、
電発関係者の村があり結構賑わっていたと、
電発の人から聞きました。


露天風呂マニア
URL
2010/04/21 21:34
●露天風呂マニアさん
こんばんは。
実は今回車に長靴を積んでいくのを忘れました。
国道からの脇道は雪解けで少しぬかるんでいましたので今回はパスさせていただきました。(笑)

黒石平駅は勾配上途中に駅があったため上り(帯広方面)の列車はここに停車せず電力所前仮乗降場で停車し乗降していました。
逆に下り(糠平方面)の列車は電力所前仮乗降場を通過し黒石平駅に停車という珍しい路線でした。
しかも多くの時刻表には黒石平駅は表記されていても電力所前仮乗降場の表記がないものが多かったですね。
駅位置は違っていても上記の理由で運賃上は同一駅として取り扱われていました。
そんな意味でも士幌線は鉄道ファン憧れの路線でしたね。
温泉マン
2010/04/21 23:42
士幌線跡めぐり、おいらも大好きで、タウシュベツ橋梁はもちろんのこと、この第三音更川橋梁も訪れましたよ。
士幌線の各橋梁は歴史的建造物として注目を集めているだけではなく、土木を学ぶ人達が「生きた教材」として見学に訪れている人も多いみたいですね。
去年のGWにおいらが訪れた際、大学で土木工学を学んでいるいると言う東京からオートバイで訪れている女の子に会いました。
おいらも昔、軽く土木設計の仕事(主に下水道の設計)に関わっていた関係でつい話題は鉄道ことから土木技術の話へと流れ、気がつくと5月とは言えまだまだ寒い糠平の山の中で2時間くらい土木関係の話で盛り上がっていました。
あの後、おいらは鹿の湯に行って温泉に入って温まったんだけど、あの女の子、これからフェリーに乗って帰るとか言ってたんだけど…
風邪ひかなかかったかな…?
永田秀一
2010/04/22 08:18
●永田秀一さん
永田さんも訪ねられているのですね。

一応私も土木技術者の端くれですので、土木工学的な見地からも大変興味深いコンクリート橋です。

残念ながら永田さんのように土木工学を勉強している女子大生には会った事がありませんが・・・(笑)

鹿の湯・・・私も大好きです。
温泉マン
2010/04/22 12:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





夫婦ぶらり旅 #2 士幌線跡(第三音更川橋梁) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる