北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の思い出 #2 新登別温泉「旅館四季」

<<   作成日時 : 2009/12/12 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

15年前北海道全湯巡りを終えた後、毎年細々とその後新たに誕生した温泉施設や過去思い出に残っている温泉を歩くことが楽しみな私温泉マンです。


雪の季節になるとやはり「雪見の露天」が恋しくなってきますね。



私は泉質のなかで「硫黄泉」が大好きです。

入浴後数日間、体に残るあの臭いが何とも言えません。
(※周辺にいる方には大変ご迷惑かと思いますが・・・




今年の3月、そんな事を考えていたら頭の中にある温泉が思い浮かびました。

看板


新登別温泉「旅館四季」です。



建物正面


日本を代表する名湯登別温泉のすぐ近くにありながら知る人も少ない隠れ湯です。




温泉犬・ゆうじ君


玄関脇では「ゆうじ君」が出迎えてくれます。



実はここを訪れるのは15年振りでした。



さて中へ入ってみます。

こちらが男湯入口です。

のれん



浴槽は決して大きくはありませんが、濃厚な硫黄泉が掛け流しされています。

内風呂




湯温を計ってみます。

内風呂45.4度


45.4度あります。

ここの湯はいつも熱めになっています。
(もちろん熱い湯が苦手な方は加水して利用できます)




そして内風呂横のドアを開けると・・・

露天風呂全景


露天風呂


こちらが雪見の露天風呂です。



こちらの温度も計ってみます。

露天風呂44.8度


こちらも44.8度と少々熱めです。




最近歳の所為もあり熱めの湯が好みとなった私温泉マンです。

濃厚な硫黄泉をじっくりと堪能させていただきます。


露天入浴




私が最後にここを訪れ宿泊させていただいた時に小学生だった息子さんは、現在お父様の跡を継がれここの2代目として頑張っておられます。

息子さん


お顔はお母様似ですね。


家族的なもてなしで特に料理人であるお父様が心込めた料理は最高です。

きっと跡を継がれた息子さんの料理の腕前にも期待がもてます。



今回は日帰りでの利用でしたが、次回は宿泊し今度は息子さんが作られた料理に舌鼓を打ち心ゆくまで源泉掛け流しの硫黄泉に入ってみたいと思います。・



それな何とも贅沢なひとときかと思います。





入浴料 大人500円 小学生400円  幼児 無料 

日帰り入浴時間 8:00〜22:00(21:00迄に入館して下さい)





●新登別温泉「旅館四季」ホームページ
http://www18.ocn.ne.jp/~siki/



■新登別温泉「旅館四季」はこちらです。











それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
硫黄泉・・・日本人のたいていの人が「温泉」という言葉に触れた時、真っ先に思い描くイメージの中での香り・・・それは、硫黄臭かもしれませんね〜
私も硫黄泉は大好きで、普段家でも「ムトウハップ」愛用者でしたが・・・
無責任な批判や販売業者の扱いで販売中止してしまいました・・・><
今でも残念な思いで一杯ですが、インスタントカメラが販売を再開したようにいつかもう一度、販売を再開してくれない物かと祈ってます。
北海昆布
2009/12/12 21:32
●北海昆布さん
やはり温泉好きの方にはあの色、あの臭いですよね。(笑)

私も「ムトウハップ」愛用者の一人でしたが、私以外家族の全員がこの臭いがダメなので、家の風呂ではめったに使用できません。
温泉マン
2009/12/13 05:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





今年の思い出 #2 新登別温泉「旅館四季」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる