北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べたい時が”旬”

<<   作成日時 : 2009/12/10 03:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

農産物や魚介類には”旬”が存在します。
そしてそれらを”旬”にいただくのが最高ですね。
その”旬”を追い求め北海道を旅される方も多いかも知れません。


しかし多くの方は仕事やご家庭の都合などを考慮し、ようやく確保できた休日を利用し旅される方も多いかと思います。


初めて北海道を訪問される方は

「北海道へ行ったら”○○”と”△△”を食べ、そしてラーメンを食べてみたい」

そのような思いを巡らせている方も多いと思います。


ラーメンは一年を通して観光地を含めどこでも味わう事ができる北海道を代表する”食”の一つです。

しかし、農産物、魚介類はその季節でなければ味わう事のできない物も多く存在します。

その代表格は”メロン”かも知れません。


この時期、基本的にどこの観光地へ行っても”道産のメロン”を購入できません。

そのため道産メロンの果肉や果汁が入ったゼリーや生キャラメルに人気があり売れています。



しかし、冷凍技術の進化で北海道を代表する”とうきび(とうもろこし)”はいつでも食べる事ができるようになりました。


本当であれば収穫時期が一番美味しい”旬”であるかもしれませんが、ある意味”旬”とはその人が食べたいと思う時がそうなのかもしれません。


多くの観光客で賑わう街、小樽。

中でも堺町通りは連日大変な数の観光客の方が訪れています。



私も今年何度も訪れました。


そしていつもこちらのお店の前をいつも通ります。

じゃがバター・とうきび

美味しい臭いがいつも漂っている「鱗商会」さんです。


今回このコーナーではじゃがバター、とうきび、いかめしが売られていました。



網焼き

こちらでは”つぶ”、”ホタテ”、”牡蠣”、”ホッキ貝”の中からお好みの魚介類を炭焼きしてもらえます。



そして北海道と言えば”カニ”ですね。

かに甲羅焼き

こちらは”甲羅焼き”です。
何とも香ばしい臭いが辺りに漂っています。



かに汁

そしてこちらは”かに汁”です。
寒い冬は心底暖まります。



先ほど説明したように、農産物や魚介類にはそれぞれ”旬”があるのですが、この前を通り食べたいと思った時がその人の”旬”なのかもしれません。


そう意味で観光客の皆さんの”胃袋の旬”を満足していただけるこちらのお店はありがたい存在ですね。



店内には北海道に関した農産物、魚介類が多く販売されているので、見て歩くだけでも楽しいかもしれません。

店内



今回の記事で私が申し上げたかったのは、お客様が欲している物をある意味季節感を超えて提供できるサービスや技術が今後の観光で求められる部分も多くなってくるのではないかという点です。


たしかに、「○○の旬は△月〜△月です・・・」と言ってしまえばそれまでの事ですが、これから多くの観光客に来ていただくためにはある意味一年を通して北海道をアピールできる食材保存技術開発も必要になってくるのだと思います。



もちろん旬の食材を旬にいただくことが基本的には一番であるこには違いありませんが・・・



さて、皆さんの胃袋は今何の旬を欲していますか?





●「鱗商会」ホームページ
http://www.uroko.co.jp/



■「鱗商会(堺町店)」はこちらです。











それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





食べたい時が”旬” 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる