北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の思い出 #9 「万里の長城」 ※下川町.

<<   作成日時 : 2009/12/21 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今年はその昔家族で訪ねた思い出の場所を再訪する機会の多い年でした。
その中で、下川町にある「万里の長城」へ女房と二人で19年振りに訪ねました。



「万里の長城」は下川町の中心部より南西方向約1kmの地点の「桜ヶ丘公園」にあります。

万里の長城の門




そもそもこの「万里の長城」築城のきっかけは、林業衰退と町の過疎化に悩む下川町が何か日本一の手づくり観光になるものと生み出されたものです。


草地造成で出た石を利用し昭和61年町民の手づくりでスタートしました。
昔なつかしい「モッコ」を使い石を一つ一つ積み上げ、その積み上げた石に記念として名前を刻み込むというアイディアが生まれました。

これが、体験型観光としてまたユニークな町おこしとして全国に広まり、毎年一万人を超える方が石積みに訪れ、石積みを通して町民との交流が図られていました。


そして2000年、その延長は2000mに達し完成を迎えました。

2000年2000m築城記念碑




随分と高い部分にまで石が積まれています。

門の横の築城状態




実は19年前にここを訪れ、我が家の石もここに積まれています。


しかし当時はまだまだ高さのない長城だったのですが・・・

当時の長城の状態
19年前の「万里の長城」です。




せっかくここまで来たので女房と二人で我が家の石を探索する事にしました。

唯一の手掛かりは、先程紹介した門の位置にある石が2000年に積まれたもので、それから奥へ離れていくごとに古い年代になっています。


我が家が訪れたのは1990年9月です。


しかし現在ではもの凄い長さになっています。

石積み状況




長城沿いに積んである石の年月を確認しながら奥へと歩いて行きます。

我が家の石付近



歩くこと約30分、ついに我が家の石を発見です。



女房が携帯で発見の記念撮影しています。

我が家の石・女房撮影




当時はこんな感じで石を磨くことから始まっていたのです。

当時の・石磨き



そしてこのような体験型イベントは参加する楽しさと後日ここを訪れる楽しさをダブルで味わえます。

そして大変良い記念にもなります。



ただ失敗したのはその位置を携帯のGPS機能を利用し位置を保存しておけばよかった点です。


きっと数年後に訪ねた際は同じように探す事になるかも知れません。(笑)








●「万里の長城」 ※下川町ホームページより
http://www.town.shimokawa.hokkaido.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC02000&Cc=7D245F816B6&DM=&Tp=&IM=



■「万里の長城」はこちらです。











それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
下川町や名寄市の付近は行ってみたい地域ですね〜
北海道を車で旅行する場合、海岸線の景色がいいのでつい海岸線をメインに走ってしまい、あまり内陸部を走らないので道北の内陸部(国道40号線沿い)はまだ走ったことがありません。以前、道の駅おこっぺの列車を改造した宿泊施設に泊まった時に一緒に泊まってた方に、同じ名寄本線の下川駅跡にも列車を使った無料の宿泊施設があると聞いたことがあったので「下川駅」と「下川町」の名前は聞いたことがありましたがこの様な施設があるとは知りませんでした。またまた「北海道に行く理由」が増えた気がします…
来年は道北の内陸部を中心に回りたいと思います。
PS 個人的に列車を改造した簡易宿泊施設って大好きです。温泉マンさんが以前紹介していた振内鉄道記念館の列車なども一度泊まってみたいと思っています。
永田秀一
2009/12/21 18:09
●永田秀一さん
名寄本線跡も楽しいですよ。

永田さんは美幸線跡のトロッコ王国はもう体験済ですか?
あそこも結構楽しいですよ・・・(笑)

次回北海道お越しの際は列車を改造した簡易宿泊施設をご利用下さい。
振内駅跡の列車は穴場ですね。(笑)
温泉マン
2009/12/21 20:52
リピーターを生み出すおもしろい策ですね。
今日、業界の先輩と石積みについて話を交わしたばかりで、楽しく拝見しました。
国々、地方・地域の石の算出(風土)だけでなく、歴史や文化も石積みに現れると言う話でした。
u.yan
2009/12/21 23:13
●u.yanさん
地域の皆さんが町の活性化に一所懸命なのが良くわかります。
成功の秘訣は町全体の熱意にあるかと思います。

我が家もこの町に一生の思い出を残す事ができました。
温泉マン
2009/12/22 07:11
>永田さんは美幸線跡のトロッコ王国はもう体験済ですか?
>あそこも結構楽しいですよ・・・(笑)

残念ながらまだ未体験です…。道北には毎回訪れていて、稚内の民宿の女将さんにも何度となく勧められているのに何故か未体験のままです。訪れた人に話を聞くと親子連れに人気があるそうで、結構楽しかったって話を聞いているだけに一度訪れてみたい場所のひとつですね。廃線跡を見て回るのが好きなので(北海道に来てから好きになったって言った方がいいかな?)是非体験してみたいです。
似た様な感じのものでタウシュベツ川橋梁近くに士幌線跡の路盤の上に木製のレールを敷いた自転車トロッコ(?)の「森のトロッコ・エコレール」に乗りましたよ。
昔、列車が走っていた森の中をペダルをこいで進んで行くと気分爽快で楽しかったです。
軽く汗をかいた後は近くにある幌加温泉鹿の谷温泉旅館に入って汗を流してまったりとして過ごしました。この日はとても充実した1日だったのを覚えています。
(鹿の谷温泉近くにいる野生の鹿って人懐っこくてとてもかわいかったです)

永田秀一
2009/12/22 08:20
●永田秀一さん
仁宇布駅跡のトロッコ王国は夏休みシーズンが一番混雑し待ち時間も多くなります。
それ以外の平日は比較的空いているので待ち時間なしで楽しんでいただけるのではないでしょうか。
何と言っても実際の線路跡をそのまま片道5km(往復10km)走行できるのが最高です。


>タウシュベツ川橋梁近くに士幌線跡の路盤の上に木製のレールを敷いた自転車トロッコ
>(?)の「森のトロッコ・エコレール」
私も乗りましたよ。
ちょっとした森林浴を楽しめますね。


>軽く汗をかいた後は近くにある幌加温泉鹿の谷温泉旅館に入って汗を流して・・・
最高の贅沢ですね。(笑)
その先の山奥にある「岩間温泉」も最高です。
温泉マン
2009/12/22 12:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





今年の思い出 #9 「万里の長城」 ※下川町. 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる