北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の思い出 #6 「初田牛駅」 ※根室市

<<   作成日時 : 2009/12/17 08:48   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今年の思い出シリーズをお伝えしていますが今回はいよいよ鉄道の話題です。
以前から鉄道に興味のあった私ですが、スカパーで見た牛山隆信さんの「秘境駅へ行こう!」を見てからすっかり秘境駅ファンになってしまいました。


●秘境駅へ行こう!
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/



牛山さんのお言葉を借りれば秘境駅とは・・・

日本全国の鉄道路線に現存する、周囲に人家が少なく大自然の真っ只中にある駅


となっています。



まぁ、興味のない方からは「そんな駅を訪ねて何が楽しいんですか?」・・・と良く聞かれます。


でも人間とは不思議な動物で都会のコンクリートジャングルの中で生活していると、こうした大自然の中にある駅が妙に恋しくなるのです。


どんなに秘境であっても鉄道の駅である以上列車は必ずやってきます。
ただし、その運行本数が問題です。


東京や大阪の大都会で生活されている方にとって電車は駅ホームで数分待てばやってくるのが当たり前かと思います。
それは大都会で暮らす人の日常なのです。


しかし日常生活から離れ非日常を体験すること、私はそれこそがの真髄だと思っています。


という事で誰に何と言われようが黙々と自分自身で楽しむ・・・これが趣味の王道です。(笑)




さてさて、今年私が思い出に残っている鉄道に関したものと言えば・・・


こちらのJR根室本線(愛称:花咲線)初田牛駅です。


秘境駅と言われ、全国から多くのファンが訪ねてくる駅でもあります。



鉄道ファンであれば本来列車に乗って訪ねるのが本筋ですが・・・

時間の都合もあるので車でやってきました。

駅舎と車



駅正面

こちらは駅正面の様子です。


列車時刻表をみてみます。

秘境駅の割には多い本数かもしれません。(笑)

時刻表




駅舎裏へ行ってみましょう。

駅舎裏


ホーム


本当にのどかな環境です。

近くに道路もありますが交通量もあまりありません。




秘境駅と言えば「駅ノート」があります。

駅舎の中へ入ってみます。

駅ノートイラスト

多くの訪問者がこの駅に到達しその思いがいろいろと綴ってがあります。


私がノートを開くとこのイラストが目に飛び込んできました。

とても素晴らしいイラストが描かれていました。

この事を過去に当ブログで記事に書かせていただいたところ、何とそのご本人からコメントをいただきビックリしました。



そして「秘境駅」という言葉の名付け親である牛山隆信さんが訪問された時の書き込みも残されています。

駅ノートと駅名標



しかし、残念な事にこの駅ノートがその後何者かに持ち去られたとコメントをいただきました。


それを聞き大変な衝撃を受けました。


日本人のマナーって本当にどうなっているのでしょうか。

ごく一部の方の心ない行動のため、多くの善良な人が悲しい思いをしなければないないのはとても残念なことです。








■「初田牛駅」はこちらです。










それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもつたないおいらの文章にコメントを頂きありがとうございます。
このサイトを偶然にも見つけることが出来たのがネット関係では今年一番の収穫だったと思います。北海道に関する膨大な情報とおいらが求めている情報(鉄道や温泉、旅に対する考え方)がマッチしているので、毎日見るのが楽しくて仕方ありません。
「北海道に行きたくなる病」はしばらく続きそうです(笑)。
初田牛駅の駅ノートの件は本当に残念だと思います。こういう駅ノートの話の中には地元の人がゴミと間違えて捨ててしまった…と言うケースもあるみたいです。
他にも地元の人にとっては自分達の知らない所で勝手に祭り上げられていることが「気持ち悪い」と感じる人もいるみたいです(地元の人が落書きした内容を読むとそうとも取れるものもありました)「地元の人達には日常の普通の景色でも旅人にとっては非日常を体験できる場所」と言うのもある意味旅人のわがままな言い分かもしれませんね…。観光地化されていない場所にはそっと来て、そっと帰る。地元の人の生活の場に足を踏み入れていることを旅人は忘れてはいけないのではないかな…と今回の件でちょっと考えさせられました…ノートを持ち去ったのが地元の方でないことを祈るばかりです。

PS 秘境駅とはちょっと違うのですが…石北本線の「北日ノ出駅」もなかなかスゴイ駅だと思います(笑)。温泉マンさん、良かったら旭山動物園に行ったついでにでも一度見に行かれてはいかがでしょう?(ちなみにここにも駅ノートがあったので、ちょっと書き込んでおきました)
永田秀一
2009/12/17 23:49
●永田秀一さん
私も秘境駅訪問のご縁でこうして永田さんと出会えた事は今年一番の思い出です。

>他にも地元の人にとっては自分達の知らない所で勝手に祭り上げられていることが「気持ち悪い」と感じる人もいるみたいです
私は秘境駅を訪れてくれる人は大変貴重な方々だと認識しています。
逆に快くお迎えしたいと思っていますし、地元に変な意識がないことを祈りたいと思っています。

いずれかの機会に永田さんとどこかの秘境駅で偶然会えたら・・・何て考えたりしています。
また牛山さんが最近発表された「日本全国・鈍行列車ランキング」TOPの列車始発駅である滝川駅は私が通っていた高校がある町です。
是非永田さんも機会がありましたらお訪ね下さい。
(すでに来られているのもしれませんが・・・)


旭山動物園は3回訪ねていますが、今度行く機会があれば「北日ノ出駅」に立ち寄ってみたいと思います。
温泉マン
2009/12/18 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





今年の思い出 #6 「初田牛駅」 ※根室市 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる