北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS オソウシ温泉 #2

<<   作成日時 : 2009/11/18 00:33   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今回はオソウシ温泉の中をご紹介します。
実に14年ぶりの訪問となります。

玄関

先ずは玄関を入り中へと進みます。




フロント

こちらがフロントです。
従業員の方が元気な声で迎えてくれます。

入浴料は大人600円、小人300円です。


貴重品はフロントで預かってくれます。





浴室への廊下

浴室は玄関を入り右手の廊下奥にあります。




脱衣室

こちらは男湯の脱衣室です。





内風呂

脱衣室から浴室へのドアを開けるとそこには2つの浴槽があります。

大きい方が源泉を加温し掛け流ししている浴槽です。



源泉風呂

右側の小さな浴槽が源泉をそのまま掛け流している源泉風呂です。



さて両方の浴槽温度を計ってみます。

内風呂42.2度

加温浴槽は42.4度あります。




内風呂・源泉風呂26.4度

そして源泉風呂の方は26.4度です。


こうして源泉をそのまま掛け流している浴槽があるのはとても嬉しいですね。

上富良野町にあるフラヌイ温泉を思い出しました。


フラヌイ温泉・源泉風呂案内




14年前私が来たときには露天風呂がありませんでしたが、現在は露天風呂があるようです。


しかし!!!



露天へのドア

残念ながら露天風呂は冬期間閉鎖となっています。

ともかく写真だけでも撮影していきたいと思います。


ドアを開けるとさらにもう一つのドアがあります。

露天への2つ目のドア





2つ目のドアを開けるとその先に露天風呂らしき浴槽が見えました。

露天への2つ目のドア・オープン




こちらが夏期であればお湯がはられている男湯の露天風呂です。

からっぽの男湯露天浴槽




その先にお湯が入っている露天風呂があります。

源泉露天風呂全景





よく見ると、「(混浴)源泉風呂24〜26゜C」と案内看板があります。

源泉露天風呂看板拡大



(混浴) という言葉に何故かそそられます。



この源泉露天風呂から女湯の露天風呂が見えます。

からっぽの露天風呂(女湯)

男湯同様、女湯の露天にもお湯は入っていません。




この源泉露天風呂は、まさにここオソウシ温泉の源泉からお湯が流れ込んでいます。

源泉塔全景



14年前来たときの源泉塔はこんな感じでした。

1995年5月の源泉塔






ここまでやって来てこの源泉露天風呂に入らない手はありません。


先日オフ会で集った温泉達人の方達なら間違いなく何の躊躇もなく入浴するはずです。(笑)


ということで私も入浴します。

温泉マン入浴

この写真だけを見ると雪見の露天で快適な湯温に入っているように見えますが・・・

いえいえそれはそれは・・・寒いです。

でも不思議とこの寒さが心地よいです。


温度を計ってみます。

源泉露天温度・25.4度

25.4度しかありません。


しばし源泉露天風呂へ入浴した後は、加温された内湯で体を温め帰路につきます。




玄関先ではご丁寧に従業員の方にお見送りしていただきました。

従業員さん




以前は源泉塔は外から丸見えだったのですが、現在は露天風呂となっているので囲いがありました。

源泉塔側の囲い



今回雪道となっていますが、特に道路障害もなく素晴らしい湯を堪能できました。


大変名残惜しいですがそろそろ自宅に向かって出発します。

正面





今回のオソウシ温泉訪問で感じた事があります。

玄関を開けた瞬間、従業員の方から元気に歓迎の言葉を頂戴しました。
また帰り際、丁重なるお見送りと来訪いただいた感謝と「是非またお越しを!!」との言葉もいただきました。

従業員の皆さんはとても親切でこの湯を愛されている事を肌で感じさせていただきました。

「いつまでも残って欲しい・・・」「頑張って下さい・・・」の応援も大変嬉しい言葉です。

しかし、一番の応援は直接温泉を訪ねていただく事に尽きるかと思います。
一人でも多くの方にご来訪いただきく事がこの湯が再び末永く営業を継続する糧ではないかと思います。

一般の方には冬期間の訪問は少々大変かと思います。

この時こそ温泉達人の皆さんの出番ではないでしょうか。
皆さんのご訪問を切にお願いしたいと思います。

こうした名湯・秘湯の火が二度消えることのないよう皆さんのご協力をと感じたしだいです。






※冬期間オソウシ温泉へ行かれる方へ

従業員の方のお話によると冬期間も営業を継続するとの事でした。
ただし、道道から温泉迄の7km間は林道のため、降雪時の除雪が困難となり訪問ができない場合があるとの事でした。
訪問時は事前に電話(0156-65-3338)をいただきたいとお話されていましたのでご案内させていただきます。







住所は
北海道上川郡新得町字屈足オソウシ

営業時間は10:00〜20:00
TEL 0156-65-3338



●「オソウシ温泉 鹿乃湯荘」 ※新得町観光協会ホームページより
http://www.town.shintoku.hokkaido.jp/kankou/asopsite/newfiles/d_r.html



■「オソウシ温泉 鹿乃湯荘」はこちらです。









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





オソウシ温泉 #2 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる