北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS かかし古里館

<<   作成日時 : 2009/10/26 09:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先日仕事の打ち合わせのため岩内町を訪問してきました。


国道276号は今まで何度も走行しているのですが、沿線にあるこちらの施設には立ち寄った事がありませんでした。


それは共和町にある「かかし古里館」です。



仕事の打ち合わせを終え、少々時間があったので初めて中へ入って見ることにしました。

道路看板


国道沿いに建てられている案内看板です。




かかしの里と言われるだけあって道路沿いの街路灯も「かかし」がモチーフになっています。

街路灯




こちらが入口になります。

玄関





ここは以前、「幌似小学校」だった跡地を利用した施設です。

幌似小学校跡




入館料は何と「100円」です。

入館券と案山子




まずは常設展示室へ行ってみます。

常設展示室



唐み


懐かしい農機具が展示されていました。

私の生家も農業だったので、この農機具は記憶に残っています。

皆さん、この農機具は何という名称で、その用途がおわかりになりますか?




これは「唐み(とうみ)」です。

脱穀(稲穂から籾を分離する)した籾についた藁くずを、手回しハンドルを回し風を興し身の入った籾のみを分離する機械です。


常設展示室には写真掲示もあり、当時の懐かしい生活状況を顧みる事ができます。



古い時代の生活用具は常設展示室以外に、棟続きになっている「旧幌似小学校校舎跡」にも展示されています。

小学校校舎内・収蔵展示室




廊下


昔懐かしい校舎の廊下です。





茶ぶ台といづこ


ここを見ると私の生家時代の記憶が蘇ります。




釜・臼・時計など


釜や臼・・・・・

昔、農家であれば必ずあった用具かもしれません。



小学校もこんな感じでしたね。

教室風景



私の小学校時代も「石炭ストーブ」でした。

冬期間、日直は校長室近くにあった石炭貯蔵室から毎朝石炭を運んでくるのが日課だった記憶がします。


ここへ来ると激しく「昭和」を感じる事ができます。



皆さんも一度訪ねてみませんか?







社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓










●「かかし古里館」 ※共和町ホームページより
http://www.town.kyowa.hokkaido.jp/kanko/kanko1_2.html

開館時間:10:00〜16:00(入館は15:30まで)
休館日:毎週月曜日・祝祭日の翌日・年末年始
TEL:0135-73-2617







■「かかし古里館」はこちらです。











それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしいねぇ!
小学校時代には「石炭当番」があり、石炭小屋から運んだ記憶が蘇ります。
また、木造校舎の「匂い」も思い出すね。
間違いなく「昭和」でした・・・・・
しげる
2009/10/27 20:13
●しげるさん
農家に育った人間にとってはとても懐かしい展示館です。

私は特に田舎の小学校で複式学級でしたので「昭和」を身に沁みて感じました。(笑)

是非一度「かかし古里館」へお出かけ下さい。
温泉マン
2009/10/28 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





かかし古里館 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる