北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 南下徳富駅 ※秘境駅

<<   作成日時 : 2009/10/20 12:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本日は空知にある秘境駅をご紹介します。


その秘境度は全国85位です。
※秘境駅ランキングは200位迄順位付けされています。




秘境駅と言ってもそこへは車で簡単に行く事ができます。


その駅とは「南下徳富駅」です。

新十津川町花月地区にある駅です。

駅全景


田園地帯の真ん中にポツンと存在する無人駅です。


空知は北海道の米所でありここ新十津川町もその中の一ヶ所です。


新十津川町では通常の食用に加え道産酒造米である「吟風」も生産しています。

この吟風で醸造されたお酒として札幌にある日本清酒「吟風の里」や栗山町にある「小林酒造」で購入したり味わう事ができます。





ここはJR北海道「札沼線」です。

通称名は「学園都市線」と呼ばれています。



札沼線はその路線名にある通り、かつて幌駅と石狩田駅を結ぶ路線でしたが1972年(昭和47年)6月19日、石狩沼田駅と新十津川駅間が廃止され、現在の路線に至っています。

南下徳富駅は終点の新十津川駅から2つ目の駅となります。



こちらが待合室です。

待合室全景




駅名標とホーム


ホームも一面しかありません。

どれだけの方の利用があるか定かではありませんが、それほど多くないかと推察できます。




待合室の中へ入ってみます。

待合室内部


中が綺麗ですね。

秘境駅を訪問していつも感じるのは待合室内が綺麗な事です。


きっと周辺の方がボランティアで清掃されているのではないでしょうか。





待合室にある列車時刻表をご覧下さい。

待合室時刻表


1日に3往復の運行しかありません。

確かにこの本数では利用しにくいのも納得です。

そしてこの駅が秘境駅ランキングに入っているのも、この運行本数(列車到達難易度)にあります。


道路事情が良いので、車ではいとも簡単に訪れる事ができますが、列車で訪れにはちょっと厳しいものがあります。



駅周辺を撮影していたら、1日に6本しかないうちの1本の列車がやってきました。


下り、新十津川駅行です。

新十津川行き列車停車


乗降客は誰もいませんでした。



しばし停車の後列車は警笛を鳴らし出発して行きました。

新十津川行き出発


こうして田園地帯を駆け抜けるワンマン列車にも何かロマンを感じますね。



明日岩見沢で空知活性化に関する会議が開かれ私も出席します。


空知にはこうしたロマン溢れる無人駅が多く存在し、その中には秘境駅と呼ばれる駅も数多く存在します。



こうした駅を空知のロングテールな観光情報として是非全国に発信し貴重な観光資源として活用したいと考えています。





社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓







●「南下徳富駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%B8%8B%E5%BE%B3%E5%AF%8C%E9%A7%85




※今回は地図にGoogleMapではなくYahoo!地図を使ってみました。

■「南下徳富駅」はこちらです。











それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
田園地帯を行く単線、1両の電車、確かに見るのは味わいありますが、この運行本数では行くのも大変ですね。1日の利用客、どの位、いるんでしょうね。
桃源児
2009/10/20 12:23
●桃源児さん
こんにちは。コメントありがとうございます。

利用者数については近くで農作業でもしている人がいたら聞いてみようと思ったのですが、誰も見あたりませんでした。(笑)

通常秘境駅は朝夕、高校等への通学生に配慮した運行時間になっているのですが、ここはそうなっていません。

ある意味鉄道ファンのための列車かもしれません。(爆)

温泉マン
2009/10/20 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





南下徳富駅 ※秘境駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる