北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 桃太郎電鉄サイダー

<<   作成日時 : 2009/10/18 08:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

先日近所のスーパーへ買い物へ行くと、何やら珍しいデザインの飲み物が・・・


サダー2本


皆さん良くご存じの「桃太郎電鉄」が描かれたサイダーです。



お馴染みのキャラ2種類が描かれています。

桃太郎


こちらはメインキャラクターの「桃太郎」です。





それではこちらのキャラクターの名前はわかりますか?

キングボンビー


こちらのキャラはこちらです。



そしてこのサイダーの製造元は・・・

製造元





そうです。

あの北海道限定飲料「コアップガラナ」を製造する株式会社小原さんです。

コアップガラナ




水は名峰横津岳の天然水、糖類は北海道産じゃがいもと、コアップガラナと同じ原料を使用しています。


表示には「ピーチ&グレープ」とあります。

飲んで見るとどちらかというと「グレープ」の味を強く感じます。


この「桃太郎電鉄サイダー」も北海道発の限定飲料としてお土産品にも最適です。(笑)




さて、桃太郎電鉄株式会社ハドソンが開発したゲームです。



実は一時期私もハドソンさんとは仕事でのお付き合いがあったのですが、その頃絶頂だったゲームは「ボンバーマン」でした。



私がお付き合いしていたのはゲーム部門ではなくビジネス部門でした。

それと、私はほとんどテレビゲームなるものをしません。(笑)



という事でゲームの話はさておき、ハドソンの歴史について少々お話させていただきます。




ハドソンという社名の由来を皆さんご存知でしょうか?


ハドソンとお付き合いしている時、社員の方からある本をいただきました。

ハドソン取扱説明書


その名も「ハドソン取扱説明書」です。

いかにもハドソンらしい1冊です。




ハドソンの社名由来がこの本に書かれています。

ハドソン創業者である工藤裕司さんは子供の頃から「つばめ」のマークが付いた蒸気機関車C62が大好きで、会社を作るなら「ハドソン」と決めていたのです。

「ハドソン」とは「ハドソン型」蒸気機関車の型式名なのです。


工藤社長(当時)のC62に対するこだわりは会社の電話番号にも表れています。


ハドソン社の電話番号末尾4桁は「4622」です。


これは工藤社長(当時)がC62の中でも2号機をこよなく愛していた事に起因します。

「C(4)62-2」「4622」となったのです。


そして工藤社長(当時)は会社における重要決断する際、札幌にいた場合はC62-3号機(当時小樽操車場)に、東京にいた場合は京都梅小路にあるC62-2号機まで行って願を掛けていたのです。






工藤社長(当時)のC62に対する思いは、C62を実際の線路上を走らせるという夢を実現することに発展しました。

当時小樽の手宮操車場にあった「C62-3号機」が国鉄OBマンの手によって再生されました。

実にその費用1億3千万円。

大口のスポンサーとして上島珈琲社やハドソンの名がありました。




そして1988年4月29日、小樽駅に復活の第一声が響き渡りました。

SL小樽駅


この時の運行は小樽〜倶知安駅間でした。


C62-3倶知安駅


この写真は倶知安駅です。




その後運行は工藤社長(当時)の出身地であるニセコまで延長されました。

またこの延長に際し工藤社長(当時)の尽力により新得駅にあった転車台はニセコ駅に移設されたのです。



C62-3号機は臨時列車「快速C62ニセコ号」として1988(S63)年4月29日から1995年(H7)11月3日迄の約7年7ヶ月運行されました。

運行日数合計366日、総運行距離62683キロ、C62-3号機運行は終わったのです。



こうして見ると当時ハドソンは北の大地に大いなる夢を与えてくれました。


そしてこの事は私にとって一生の思い出として永遠に記憶されることと思います。






社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓







それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
思わず、「ハドソン型」のリンク先を全文読んでしまいました。C62の御威光ですね。ウサギ
u.yan
2009/10/19 00:25
●u.yanさん
現在C62に乗る事はできませんが、今の時期であれば今回の記事と同じ区間をC11型が季節限定で運行しています。
北海道へのお越しをお待ちしております。

※私的には肥薩線のSL人吉号に乗ってみたいです。
温泉マン
2009/10/19 10:46
復活することはもう無いのでしょうか・・・
いや、きっといつかはまたその勇姿を見せてくれるに違いない。わつぃはそう信じてます。

カルゴン
2009/10/20 12:28
●カルゴンさん
私も復活を願っている一人です。

そしてその時は是非「空知平野」を駆け抜けて欲しいと思っています。

空知活性化に皆さんで盛り上げ是非実現しましょう!!
温泉マン
2009/10/20 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





桃太郎電鉄サイダー 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる