北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 目名峠と上目名駅跡

<<   作成日時 : 2009/10/16 13:29   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ目名駅から列車に乗り込み、目名峠を越え隣駅である「熱郛駅」に向かう事にします。


こうしたローカル列車に乗るのは昨年秘境駅日本一である「小幌駅」を訪問して以来かもしれません。

長万部行列車入線




乗車整理券


ワンマン運行のため、乗車時に整理券をとります。




車内の様子


車内の様子です。

それほど乗客は多くありません。




目名駅を出発ししばらくは田園風景地帯を走行しますが、すぐに上り勾配の山間部へと入ります。

上り勾配走行中


若干速度が遅くなり、気動車は力強く登っていきます。




しばらくすると右手になにやら管理小屋らしきものが見えました。

上目名跡の小屋





ここは昭和59年(1984)3月まで存在した「上目名駅跡」です。

上目名駅跡・青いシェルター




昭和41年発行の時刻表にその名が残っています。

※ニセコ駅はこの当時「狩太駅」でした。

画像






列車はその後も1000分の20の急勾配を登り続け、目名峠頂上である「第二白井川トンネル」に到達します。

第二白井川トンネル




ここから先は今度は一変して急勾配を下って行きます。


目名峠下る





まもなく熱郛駅です。


運賃表


目名駅からの運賃は350円です。



運賃箱


ワンマン運転ですので、下車時に整理券と運賃箱に入れます。




前方の熱郛駅を見ると下りホームに列車が停車し、交換待ちをしていました。

臨時列車交換


国鉄キハ183系気動車です。


「臨時」と表示があったので、修学旅行用の団体貸切列車ではないかと思います。


そういえば私も高校時代は往復列車の旅でしたね。

今は飛行機も利用するようで、時代が大きく変わった事を感じます。





目名駅から乗車すること16分、熱郛駅に到着です。

画像




さて、帰りの列車まで21分間あります。


熱郛駅周辺を撮影して戻りたいと思います。


札幌近郊から休日にこの区間周辺を訪問する場合、土日祝日限定販売(一部期間は毎日販売)の「一日散歩きっぷ(道央圏用)」がお得で便利です。

通常であれば札幌駅〜熱郛駅間は大人2,730円(小人は1,360円)ですが、一日散歩きっぷは一日乗り放題で大人2,200円(小人は1,100円)で、しかも何度でも途中下車可能です。



たまには車を利用せず、ご家族でローカル列車の旅はいかがですか?

札幌〜長万部間の途中駅のニセコ駅前には「綺羅乃湯」、昆布駅前には蘭越町交流促進センター「幽泉閣」という温泉があります。






社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓









●「上目名駅(跡)」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%9B%AE%E5%90%8D%E9%A7%85



■「上目名駅(跡)」はこちらです。


より大きな地図で 上目名駅跡 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





目名峠と上目名駅跡 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる