北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS タウシュベツ川橋梁

<<   作成日時 : 2009/08/30 05:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

上士幌町糠平と言えば鉄道ファン羨望の場所があります。

旧国鉄士幌線跡です。

士幌線跡には珍しいアーチ橋(めがね橋)群が数多く残っており、これらは「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」として第1回北海道遺産に選定されています。

中でもその景観やダイナミックさから多くのファンを持つのは「タウシュベツ川橋梁」かと思います。

昨年までは橋梁近くまで立ち入る事ができましたが、橋梁へ通ずる林道で事故が多発したため、今年(2009年)から林道へは許可車両以外通行止となりました。

林道通行止
↑【タウシュベツ川橋梁への林道】

林道ゲートです。現在は許可車両以外通行できません。




見学者の皆様へ
↑【タウシュベツ川橋梁への林道】

「タウシュベツ川橋梁見学の皆様へ」と書かれた案内看板があります。





現在、橋梁見学者向けに新たに「タウシュベツ展望台」が設置されました。

国道273号沿いに入口があります。

展望台入口
↑【タウシュベツ展望台入口】

こちらが「タウシュベツ展望台」です。




展望台からの眺望は下記上士幌町ホームページ画像をご参照願います。
http://www.kamishihoro.jp/information/show_page03.php?id=632

展望台入口
↑【タウシュベツ展望台よりの眺望】

上士幌町ホームページ、4月17日のタウシュベツ川橋梁より引用





昨年11月に訪れた際はまだ林道が通行できましたので、その時の様子をご紹介します。

林道入口
↑【タウシュベツ川橋梁 ※2008年11月】

現在は通行止となっている林道ゲートです。





林道
↑【タウシュベツ川橋梁 ※2008年11月】

こちらが橋梁への林道です。





林道を4km程走行するとタウシュベツ川橋梁見学者入口がありました。

見学者入口

↑【タウシュベツ川橋梁 ※2008年11月】

ここからは徒歩で進みます。





橋への道
↑【タウシュベツ川橋梁 ※2008年11月】

快適な散歩道です。






正面に橋
↑【タウシュベツ川橋梁 ※2008年11月】

正面に湖が見えてきます。







橋全景
↑【タウシュベツ川橋梁 ※2008年11月】

タウシュベツ川橋梁の雄姿です。







なお、林道入口から車での通行はできませんが徒歩での到達は可能です。

しかしながら林道一帯は熊出没地帯のため徒歩での通行も自粛するよう案内しています。

安全に見学いただくためには、ひがし大雪自然ガイドセンター主催の「アーチ橋見学ツアー」を利用されることをお薦めします。




社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓





●「上士幌町観光協会」ホームページ
http://www16.ocn.ne.jp/~k.kanko/


■「タウシュベツ川橋梁」はこちらです。


より大きな地図で タウシュベツ川橋梁 を表示







それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今年から許可が必要なんですね。
やはり、あの道の細さでは…
以前、訪れた際
すれ違うのに、結構苦労しました。

久々に雄姿を見たくなりました。
かいるん
2009/08/30 09:34
●かいるんさん
事故が多発していたのでは今回の措置も致し方ないですね。

タウシュベツの雄姿を見てぬかびら源泉郷に入る・・・

最高ですね。(笑)
温泉マン
2009/08/30 10:19
亀の子荘に行くたびに通っていたR273。
国道からそれるとこんな光景があると知ったのは
ナイタイ高原のショップの本からです。

砂利道を通り行ったときには晴れていて素晴らしい景色でした。
裏大雪が本当に大好きです。

旭川に住んでいるので表の大雪は魅力が無く好きではありません。
表と裏でこんなに顔が違うのかと思ってしまいます。
華氏451
2009/11/26 15:07
●華氏451さん
自然が織りなす光景とは実に素晴らしいものがありますね。

こうした光景は、環境を保全しながら地域活性化のための観光資源として活用していければと思います。

温泉マン
2009/11/26 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





タウシュベツ川橋梁 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる