北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『山湖荘』 ※ぬかびら源泉郷

<<   作成日時 : 2009/08/28 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

以前、私の高校時代の同級生である友人から、接客や料理等が素晴らしく、心安らぐ温泉があると聞いていたのですが訪れる機会がありませんでした。


先日仕事の出張帰りにようやく宿泊する機会を得ましたのでここに紹介させていただきます。

そのお宿とは、ぬかびら源泉郷にある「山湖荘」です。


何が素晴らしいかは記事の中で折々書いていきたいと思います。

玄関前
↑【山湖荘】

こちらが宿の入口になります。





玄関内
↑【山湖荘】

こじんまりとした玄関の横に下駄が置かれています。


本州の温泉旅館ではこうした風情を良く見ますが、最近温泉地を下駄で歩く人がめっきり減った感じがします。


フロント
↑【山湖荘】

こちらはフロントです。


フロントにて受付を済ませると受付横に案内されます。

そこにはずらりと浴衣が並べられています。
宿泊者はこの中から自分のお好みを選ぶ事ができます。

浴衣選び
↑【山湖荘】

綺麗な柄の浴衣が並んでいます。女性の方は迷ってしまうかもしれませんね。


私のように図体がでかい場合、いつも温泉旅館で一旦部屋へ入ってからフロントに特大サイズをお願いして持って来ていただいているので、この場で特大サイズの浴衣を選べるのが嬉しいですね。


客室
↑【山湖荘】

こちらが客室です。





二間続きのお部屋になっていました。

部屋の囲炉裏
↑【山湖荘】

隣の部屋には囲炉裏がありました。


この囲炉裏は飾りではなく、実際に火を焚く事ができます。
このようなタイプのお部屋は普通ではみかけません。

高級旅館にある場合もありますが、囲炉裏の火を見ると人間は妙に心癒されるものです。

我が家が今まで行った中では秋田県乳頭温泉郷こちらの宿にありました。


部屋で一休みした後、夕食の場所へ移動します。

夕食の場所へ入る前にこちらで「箸」を選択します。

箸選び
↑【山湖荘】

使い捨ての割り箸ではなく、エコの観点からもこのアイデアは素晴らしいですね。




夕食
↑【山湖荘】

こちらが夕食メニューです。
中央にあるのが温泉を利用した「湯豆腐」です。


※写真に写っていませんが天ぷらや魚料理もありました。


湯豆腐
↑【山湖荘】

この湯豆腐を食べその美味しさに驚愕です。


決して高級な食材はありませんが、一品一品にご主人の心がこもっています。

もちろん各料理について詳しい説明もありました。


さて、そろそろご飯をいただこうと思いお願いしたところ・・・

お吸い物
↑【山湖荘】

先ずはお吸い物が到着です。


そして、ご飯は先ほど美味しい湯豆腐が入っていた鍋を利用しお粥にして持って来ていただけます。

温泉お粥鍋
↑【山湖荘】

湯豆腐のエキスがたっぷりと含めれている「温泉粥」です。




このお粥自体には味が付いていないので・・・

お粥と辛みそ
↑【山湖荘】

こちらの「辛みそ」をのせていただきます。これがまた絶品です!!





ふとテーブル横を見ると・・・

食卓横の扇子
↑【山湖荘】

扇子がありました。これで扇ぎながら団らんもいいもんですね。





夕食終了後の食卓
↑【山湖荘】

大変満足な夕食でした。




囲炉裏と漫画本の休憩スペース
↑【山湖荘】

食事処から部屋へ戻る途中に休憩スペースがありました。


マンガ本と囲炉裏があり、ちょっとリラックスするのに最適な場所です。



さて、次は温泉に入りたいと思います。

洞窟風呂へ
↑【山湖荘】

山湖荘名物の「洞窟風呂」です。




温泉は地下1階にあります。

階段
↑【山湖荘】

こちらの階段を地下1階へ下ります。





のれん
↑【山湖荘】

こちらが温泉入口です。





脱衣かご
↑【山湖荘】

大きめの脱衣カゴが置いてあります。





洞窟風呂のため浴室内をうまく撮影できません。

浴槽
↑【山湖荘】

浴槽はこんな感じです。


露天風呂はありませんが、内風呂だけで十分満足できます。

もしどうしても露天風呂に入りたい方は、宿泊者向けに用意されている「外湯めぐり」にて、ぬかびら源泉郷にある他の温泉旅館の温泉に無料で入る事ができるサービスをご利用下さい。

外湯めぐり
↑【山湖荘】

「外湯めぐり」の案内です。





冷水
↑【山湖荘】

湯上がりには冷水も用意されています。何とも嬉しいサービスです。




この日は大変満足な一日で、布団に入った途端爆睡しました。


翌朝、朝食の場所へ向かいます。
昨日夕食をいただいた場所と同じ場所です。

朝食
↑【山湖荘】

夕食同様、一品一品にご主人の心がこもっています。



ビジネスホテルや温泉旅館でも最近バイキング形式が多くなりました。
でもここでは違います。



さて皆さん、今回の宿泊料金はおいくらかわかりますか?



「お得プラン」で大人7000円です。
もちろん1泊2食付きの料金です。



帰りに宿の玄関でご主人の写真を撮らせていただきました。

ご主人
↑【山湖荘】

ご主人の蟹谷吉弘さんです。


宿の中でもそうですが、いつも素敵な笑顔でお客様と接していただけます。

私もそうですが、ここは一度泊まるとまた来たくなる温泉宿である事に間違いないですね。


私もまた機会を見つけて是非再訪したいと思います。



蟹谷さん、この度は大変お世話になりました。

またお邪魔させていただきます。



※昨年7月、私は九州をマイカーで旅しあの人気温泉郷である黒川温泉(熊本県)に宿泊しました。
そこで感じたお客様本意の各種心遣いを私は今回お世話になった「山湖荘」でも感じたのです。
温泉地の改革・改善効果は急には効果が現れないものです。
でも、この先きっとここ「ぬかびら源泉郷」が全国から注目される温泉郷の一つになる予感を感じ帰路につきました。
今後のご活躍を心よりお祈りしています。





社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓






日帰りも入浴できます。大人500円、小学生250円 9:00〜21:00

※ぬかびら温泉郷の3ヶ所の湯に入る事ができる「湯めぐり手形」1200円もあります。


●「山湖荘」ホームページ
http://www1.ocn.ne.jp/~sankosou/



■「山湖荘」はこちらです。


より大きな地図で 山湖荘 を表示









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そお言えば・・・
以前ぬかびら温泉での取り組みがTVで紹介されていたのを見た記憶があります。

お客様本意の接客姿勢視察の為、温泉宿のご主人や女将さんが本州の有名温泉施設や温泉郷へ出かけていました。
サービス面での改革は、目に見える物ではないので効果が出にくいですが継続される事で効果が広がっていきますよね〜今後も続いていく事に期待大です。
人里離れた山奥の温泉宿で、真心サービスを受けゆっくりと過ぎる時間・・・
山菜や川魚料理をいただき、夜には降るような星を眺め、耳がきーんとなるような静寂の中で眠りにつく・・・
いいな〜最高の贅沢だと思います。
北海昆布
2009/08/28 11:14
「温泉豆腐」は、豆腐が溶け出して美味いですよね。
お医者さんの目を盗んでお酒のアテの後、出汁を御飯にかけていただきます。危ないウサギ。
u.yan
2009/08/28 15:00
●北海昆布さん
多くの宿で視察は行われていますが、大切なのはそれをどれだけ自分の宿に相応しい形で取り入れるかだと思います。
本日から登別温泉でも湯巡りができる「湯のくに手形」が発売開始となります。
温泉地においていろんな宿の湯を楽しむ事ができるサービスは大歓迎ですが、参加していないホテルや利用料金に統一性がないのが気になりますが、大きく一歩前進したと感じています。
常にお客様側に立って考えれば自ずとサービス内容が思い浮かんでくると思います。

「山湖荘」は是非一度ご訪問下さい。
私オススメの宿です。
温泉マン
2009/08/29 05:56
●u.yanさん
「温泉豆腐」は何とも言えない美味しさでした。

来年お越しの際はこちらへご案内させていただきます。
付近に危ないウサギはいませんが怖い”熊”と”鹿”はいます。(笑)
温泉マン
2009/08/29 05:58
こんにちは。ご無沙汰しています。
山湖荘にいらっしゃったんですね。私も、もてなしの心が伝わってくる、たいへん頑張っている宿だと思います。
ぬかびら源泉郷全体は、まだまだ発展途上ですが、若手経営者たちが、木を一本一本植えるように根気強く魅力づくりに取り組んでいます。応援したくなる温泉地ですね。
青さん
2009/08/30 08:36
●青さん
ご無沙汰しています。
噂通り、大変素晴らしい宿でした。
ぬかびら源泉郷における地道な活動はきっと大きな花を咲かせると私は確信しています。
これからも応援を続けますし再訪もしたいと思います。
今回は外湯めぐりをしなかったので次回は全てを廻ってみたいと思います。(笑)
温泉マン
2009/08/30 10:08

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





『山湖荘』 ※ぬかびら源泉郷 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる