北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 七夕

<<   作成日時 : 2009/07/07 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日七月七日は七夕ですね。
しかし、北海道の一部の地方では一月遅れの八月七日が七夕です。

実は私が生まれ育った田舎も八月七日が七夕でした。

しかし、全国大半の地域が本日七夕という事でそれに因んで記事を書かせていただきます。


七夕と言えば「天の川」ですね。


今回、天の川について「トンネル」「河川」「列車の停まらない駅?」、3つのジャンルから記事を書きたいと思います。


1.トンネル編

先日久し振りに稚内方面へ出張しましたが、折角の機会なのでその帰り宗谷岬を通りオホーツク海側を回って帰ってきました。

枝幸町から美深町にあるトロッコ王国へ抜けるため、歌登地区から道道120号美深中頓別線を走行しました。

この道道は当ブログ記事でもご紹介しましたが、国鉄時代全国一の赤字路線であった美幸線(仁宇布駅〜北見枝幸駅間は未開通のまま廃止)に沿っていました。

美幸線の未開通区間はそのほとんどの区間で路盤工事を完了しており、あとは線路敷設を残すのみとなっていました。

したがって計画路線上の橋梁、トンネルは完成していたのです。

道道120号美深中頓別線は途中山間部区間において急カーブ、狭小区間が連続する道路でしたが、美幸線廃止により完成していた一部の鉄道トンネルを拡幅掘削し道路トンネルに転用したものがあります。

その具体例が「天の川トンネル」です。

トンネル開通前その前後に牽牛橋と織姫橋があり、これら区間を結ぶトンネルとなったことから「天の川トンネル」と命名されました。

今回、歌登側から美深側へ向け走行しましたので、次の写真は歌登側の入口になります。

トンネル入口
↑【天の川トンネル】

歌登側の入口です。



このトンネル手前に駐車帯があります。

その名は・・・

牽牛駐車公園入口標識
↑【天の川トンネル】

500m先、牽牛駐車公園と書かれています。



標識部分を拡大してみます。

牽牛駐車公園入口標識拡大
↑【天の川トンネル】

まさに天の川に因んだ命名がされています。




とすると、トンネルを抜けた反対側は・・・

感のいい皆さんはもうおわかりですね。

織姫駐車公園標識
↑【天の川トンネル】

はい、その通りですね。





織姫駐車公園標識拡大
↑【天の川トンネル】

トンネル反対側は「織姫駐車公園」となっています。



何となくロマンを感じますね。




2.河川編

ここは道南上ノ国町です。

町の中心部を国道228号が通っており、その町はずれに川が流れています。

二級河川天の川
↑【天の川】

その名も「天の川」です。正式な河川名表記は「天野川」のようです。




この天の川近くに地元の方が良く利用されている温泉があります。

花沢温泉
↑【花沢温泉】

1997年に開業した花沢温泉(花沢温泉簡易浴場)です。


私の訪問日は土曜日の夕方で、この日も多くの方がいらっしゃっていました。

私はこうした雰囲気の温泉が大好きです。






3.列車の停まらない駅?編

表題に書いた意味が理解出来なかった方も多いかもしれません。

列車の停まらない駅は通常ありません。

逆に言えば列車が停まるからこそ「駅」なのです。

列車が通り列車が停車しても人が乗り降りできない場所として信号場がありますが、今回の場所はそれでもありません。
(※季節限定の臨時駅であっても必ずある期間は列車が停車します。)


今回ご紹介する場所、駅と呼ぶのではなく「駅を似せた構築物」と言った方が正しいでしょう。


道道5号江差木古内線沿線を上ノ国町中心部から湯ノ岱地区に向け走行します。

右手に駅
↑【天ノ川駅】

湯ノ岱地区手前の道路右手に「駅」らしき場所があります。





駅名標
↑【天ノ川駅】

「天ノ川」と書かれた駅名標?があります。




角度を変えて見てみます。

駅の様子・横から
↑【天ノ川駅】

あれ? ホームがありません。



そうなんです。

ここは正式な鉄道駅ではありません。

町の有志が上ノ国町PRと利用者減で廃止の可能性もある江差線の存続を願い設置されたモニュメント的存在なのです。

つまりここにいつまで立っていても列車は通過するだけで停車することはありません。



さて今回「天の川」を一つのキーワードとして北海道内にある3ヶ所の自然や構築物を見てきましたが実に面白い物がありますね。


是非これらを貴重な観光資源と捉えていただき観光誘致の1アイテムとして活用いただきたいと思っています。

やはりこれら情報は各自治体や団体のHP情報だけでは広く多くの人に周知できませんので、官民の枠を越えた総合情報ポータルサイトの構築が必要かと思います。


北海道には道民でさえしらない数々の面白情報がまだまだ沢山眠っているようですね。



■「天の川トンネル」はこちらです。


より大きな地図で 天の川トンネル を表示






■「天の川」はこちらです。


より大きな地図で 二級河川天の川 を表示








■「天の川駅」はこちらです。


より大きな地図で 天ノ川駅(仮想駅) を表示














それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜(^^)

実に、面白い3パターンの天の川ですね‥(^0^)
何か温泉マンさんのロマンを深く感じます‥(^^)
年に一度の七夕ですからね‥(^^;)
ゆぅ&かん
2009/07/07 18:12
3番はいいですね。でも一般的にはできませんが、強い有志の気持ちがあるからできたのでしょうね。

これをヒントに何か出来そうな・・・気がしました(笑)
もぐら
2009/07/07 20:48
●ゆぅ&かんさん
ロマンを感じていただきありがとうございます。

私自身大変なロマンティストなものですから・・・(笑)

温泉マン
2009/07/07 23:25
●もぐらさん
北海道の各地域において地元の若者が中心となり町興しに頑張っています。

そういえばもぐらさんの地域には牛乳パックの家がありましたね。
昨年訪問した際、私なりにインパクトを感じました。(笑)
温泉マン
2009/07/07 23:30
私は、天の川駅の前は毎日のように走っていました(笑)
これができたときも「何かやってるな〜」くらいにしか思っていませんでしたね・・
こうやって取り上げられるのが不思議な感じです^^;
目立った観光地はありませんが、上ノ国町にはぶらっとドライブして楽しめる場所がたくさんありました。
いろんな思い出がある町です(笑)
のん
2009/07/08 01:01
●のんさん
上ノ国にお住まいだったことがあるのですか?

地域活性化のためいろいろな努力や活動されている方々の姿に敬服します。
観光地という概念及びその形態は多様化しているように思います。
ごく自然にある風景や生活を実体験していただくのも十分観光資源であると思っています。
それを敏感に感じるのは地元民ではなくそこを訪れる他の地域の方なのです。
そこで重要になるのが情報だと思います。
どうしてもポピュラーな情報が先行してしまいますが、私としてはネットを活用したロングテールな情報発信が大切だと思っています。
温泉マン
2009/07/08 07:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





七夕 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる