北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温故知新の旅 休業温泉編 「亀の子荘」

<<   作成日時 : 2009/07/20 14:20   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

先日、十勝地方へ出張したので、北海道全湯巡り以降訪問していない温泉に立ち寄ってみました。

その温泉とは「ナイタイ高原温泉 亀の子荘」です。


写真を探したのですが、どうも残っていないようなので訪問日が定かでありませんが、でもしっかりと記憶に残っている事があります。

それはここを訪れた日、温泉付近の地区が停電になっており温泉に着くと女将さんが

「今、停電なのでお湯の循環ポンプが止まっているのでお湯が温くなってるんですよ」

とお話されました。


我が家が北海道全湯巡りをしている事と、石狩から訪ねて来た事を伝えると

「遠路ようこそおいで下さいました。せっかくですので温いですがお入りになっていかれますか?」

と言って下さいました。


私は

「よろしいですか、それでは入らせていただきます」

と回答し入浴料を支払おうとすると

「入浴料は結構です。どうぞそのままお入り下さい。今度は是非ちゃんとした時にまたお越し下さいね」

私は

「えぇ、必ずもう一度寄せていただきます。」

と答えたのでした。


我が家は早速浴室へ。

確かにお湯は温めでしたが、思ったより快適に入浴できました。



あれから10数年、女将さんに次回訪問を約束しておきながら、ついつい今日まで訪問できずにいました。

今回やっと訪ねる事ができました。

道道806号上音更上士幌線に温泉入口を示す案内看板があります。

道道入口看板
↑【亀の子荘】

案内看板に何やら紙が貼られています。





左折後舗装路
↑【亀の子荘】

案内看板を左折します。当時は砂利道だったように思いますが現在は舗装路になっています。





道道入口から約4km入って来ると再度温泉を案内する看板があります。

右折案内板とこの先ダート道
↑【亀の子荘】

ここを右折し進行すると亀の子荘です。



でも、案内看板を良く見ると・・・

案内看板拡大
↑【亀の子荘】

休業中と書かれています。



ともかく温泉まで行ってみることにします。

右折後のダート道
↑【亀の子荘】

先ほどの看板を右折するとその先はダート道です。



700mほど走行すると・・・

建物正面
↑【亀の子荘】

亀の子荘に到着です。



10数年前の記憶がかすかに頭を過ぎります。

隣の建物
↑【亀の子荘】

休業してからどれくらい時間が経っているのでしょうか。

温泉前の舗装も荒れていました。





玄関正面に立ってみます。

建物正面拡大
↑【亀の子荘】

10数年前に来た時、玄関を入り女将さんが応対いただいた記憶が蘇ります。








当時の写真は見つかりませんでしたが(きっとネガでは残っていると思うのですが・・・)、パンフレットが見つかりました。

パンフ1
↑【亀の子荘】

玄関上の亀が象徴的ですね。


そして上士幌町といえば熱気球、それも描かれています。


パンフ2
↑【亀の子荘】

こちらも上士幌町を代表する「ナイタイ高原牧場」です。





パンフ3
↑【亀の子荘】

そしてパンフレットに館内の様子とわずかながら浴槽の写真がありました。




休業の理由はわかりませんが、私は最近このような田舎の一軒宿が大変お気に入りです。

いずれかの機会に是非再開していただければと願って止みません。


ちょっと寂しさが漂う中、次の目的地へ向かいたいと思います。


帰り際、道路右手に看板がありました。


またのおこしを
↑【亀の子荘】

次回訪問時は、良い湯に浸かりこの看板を見る事になれば最高ですね。





最近北海道において、こうした一軒宿の温泉の休業や廃業を耳にするようになってきました。

冷鉱泉の場合は入浴適温まで加温しなければならず、その燃料代もかなり重くのしかかってきます。
昨年の石油高騰により管理費用が増大し経営難に陥り休業・廃業した温泉も多く存在します。

また最近では十勝の名湯「菅野温泉」のようにご主人がご病気という理由により経営継続が難しくなっている温泉もあります。

いずれにしても温泉ファンとしては本当に残念な事でなりません。


さて、ここまで来たら近くにあるあの日本一広大な牧場に立ち寄ってみたいと思います。




●当ブログご訪問の皆様へ
先日私愛用のノートPCが壊れたとご案内をさせていただきました。
ノートPCは現在修理中ですが、先日新たにMobilePCを購入しました。
今後はこれをメールやブログ投稿に使用する予定でおります。
従いましてブログ記事は以前同様のペースで掲載を予定しております。
今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。





■「亀の子荘」 ※現在休業中 はこちらです。


より大きな地図で ナイタイ高原温泉「亀の子荘」 を表示









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり休業中でしたか。ホームページがなくなっていたのでもしやと思っていましたが。ここは沸かしのためか少しお湯の温度が低かったのですが、値段の割りに料理のボリュームもあって気に入っていた宿なんですが。一部の投資家のための原油高騰でこういう宿がなくなったりするのは許せませんねぇ。
samson
2009/07/20 15:23
●samsonさん
休業した宿に出会うたび寂しさを感じずにはいられません。

いつか再開を願うばかりです。
温泉マン
2009/07/20 21:37
おぉ〜 懐かしいですね。
僕が最後に行ったのは2004か2005年頃だったかなぁ〜
ロビーにいたスッポンが懐かしいです。
露天風呂マニア
2009/07/21 23:10
●露天風呂マニアさん
こんばんは。
2004か2005年頃に行かれてということは、休業はその後なんですね。
ロビーにスッポンがいたのですか?
残念ながら私の記憶には残っていません。

できるものなら何とか再開してほしいですね。
温泉マン
2009/07/21 23:30
本日亀の子荘を見に行くと、
なんと解体している途中でした。
今はサッシが外され内装の分別解体中と思われます。
0.2バックホーや10tダンプもとまっていました。
このまま全て壊すのか、それとも固定資産税対策で
一部壊すのかは謎です。
露天風呂マニア
2010/01/27 20:25
●露天風呂マニアさん
え〜っ!
壊しているのですか・・・

何とも残念な気持ちで一杯です。
温泉マン
2010/01/28 03:31
やはり...残念ですね。
今日 高速が足寄まで繋がったので早速行ってきました。
数年前に私も母と二人で訪れましたが
蓮の花がすばらしく 穏やかなホントに良いお宿でしたね。
母が肉類がダメなのですが、朝食の山菜やルバーブのジャムに
いたく感動して 喜んでもらえました。
また 連れて行ってあげたかったのに。
復活を願っております。
rits
2011/10/30 19:18
●ritsさん
こんにちは。
亀の子荘へ行って来られたのですね。
この温泉に思い出を多く持っておられる方が多いようですね。
多くのファンが復活を願っていると思っていますが、温泉経営の観点からするとなかなか厳しいものがありますね。
私としてももう一度入ってみたかった温泉です。
温泉マン
2011/10/31 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温故知新の旅 休業温泉編 「亀の子荘」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる