北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS カミホロ荘

<<   作成日時 : 2009/06/14 12:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

名水の里を訪問し持参したペットボトルにたっぷりと入れたので、この後は温泉にでも立ち寄って自宅へ戻る事にします。

「名水の里 みさと」から道道966号十勝岳温泉美瑛線を白金温泉へ向かいます。

時計を見ると午後5時でした。


白金温泉と言えば私も女房も大好きな温泉ホテルがあります。

19年前、北海道全湯巡りで訪ねた「湯元白金温泉ホテル」です。

正面
↑【湯元白金温泉ホテル】

ホテル正面です。多くのお客様が来られています。




ここの名物は宿裏手の階段を川へ下りた地点にあった露天風呂です。


さて駐車場へ車を止めようとするとホテルの方が車へ寄って来られました。

係:「いらっしゃいませ」

私:「日帰り入浴できますか?」

とお聞きすると

係:「日帰りのご利用時間は午後5時までなんですが・・・でも折角来られたので長いお時間でなければお入りになられますか?」

と言って下さいました。


私としてはその配慮がとても嬉しかったのですが、逆に次回ゆっくりと入浴してみたかったので、

私:「今度時間内にゆっくりと来させていただきます」

とお伝えすると

係:「それではお待ちしております」

と丁重にお話しいただきました。


本当にこのようなちょっとした言葉使いや配慮はホテル全体の品格を表している感じがします。

湯元白金温泉ホテルについては再訪していますので後日レポートさせていただきます。
あの渓谷にある混浴露天風呂も健在でした。





さて、車を走らせ別の温泉へ立ち寄って行く事にします。
白金温泉から十勝岳温泉へ向かう事にします。

画像
↑【道道966号十勝岳温泉美瑛線】

5月下旬ですがまだまだ沿道には雪が残っていました。




途中、白銀荘入口や吹上露天入口を通過し道道291号吹上上富良野線のT字路交差点に到着します。

この交差点を左折し、宿泊施設がある温泉としては北海道最高所にある凌雲閣方面へ向かいます。

バス停
↑【カミホロ荘】

交差点左折後1.5km程坂を登ってくると左手にバス停が見えてきます。





建物全景
↑【カミホロ荘】

ここが十勝岳温泉「カミホロ荘」です。




この建物は2000年に新築された建物です。

実は古い建物は1999年夏火災で焼失しました。

焼失前は町の第3セクター運営でしたが、新築に際し地元建設会社の民間経営へと変わりました。

建物正面
↑【カミホロ荘】

建物正面入口です。



我が家が最後にここを訪問したのは焼失前で、全体が白い建物だった記憶があります。
残念ながら写真が残っていません。

券売機
↑【カミホロ荘】

玄関を入って右手に券売機があります。
大人600円、小学生350円、幼児無料です。




早速浴場へ向かいます。

内風呂
↑【カミホロ荘】

内風呂の様子です。



露天風呂
↑【カミホロ荘】

こちらは露天風呂です。



我が家が昔訪問した際の露天風呂は、内風呂から木製?の階段を下りた位置にあった野趣あふれる浴槽だった記憶があります。

新しい露天風呂もその眺望が素晴らしいのですが、この日は写真のように濃い霧のため何も見えませんでした。(笑)


それではいつものようにしばしゆっくりさせていただきます。

温泉マン入浴
↑【カミホロ荘】

ここの湯は加温されています。


大自然の空気を吸いながら入る露天はいつもながら心癒されます。



※追記記事
古い温泉資料を今一度整理したら焼失前のカミホロ荘のパンフレットが残っていましたので掲載させていただきます。
パンフレットには私の記憶していた白い建物と野趣溢れる露天風呂がありました。
画像
↑【旧カミホロ荘 1999年の焼失前】







住所は
〒071-0579 北海道空知郡上富良野町十勝岳温泉
TEL  0167-45-2970

日帰り入浴時間:7:00〜21:00
入浴料:大人600円 小人350円 幼児無料

●「カミホロ荘」ホームページ
http://tokachidake.com/kamihoro/



■「カミホロ荘」はこちらです。


より大きな地図で カミホロ荘 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





カミホロ荘 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる