北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温故知新の旅 #5 「トロッコ王国(旧美幸線仁宇布駅跡)」

<<   作成日時 : 2009/06/22 00:16   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

温故知新の旅、5回目は美深町にある「トロッコ王国」からお伝えします。

カレンダーも6月の中旬を過ぎようとしています。
最近の北海道はすっかり梅雨に入ったかのようにジメジメとした天気が続いています。

さて、もう1ヶ月少々すれば子供達待望の夏休みがやってきます。

今回はそんな夏休みにご家族で楽しんでいただける体験型スポットをご紹介します。



皆さん、国鉄美幸線をご存じでしょうか。

駅前にて
↑【旧美幸線仁宇布駅跡 ※1981年5月】

彼女(女房)とツーショット写真です。(笑)




美幸線はその名前の通り「深駅」と「北見枝駅」間の78.7kmを結ぶ路線です。

しかし実際開業し営業していたのは「美深駅」と「仁宇布駅」の21.2kmのみです。

「仁宇布駅」と「北見枝幸駅」間57.5kmはほぼ全線路盤が完了し、あとは線路敷設を残すのみとなっていましたが(歌登にレールが準備されていました)、1980年の国鉄再建法施行を受けて特定地方交通線に指定され1985年に全線廃止されました。

途中にあった歌登町(現、枝幸町)では、同町が経営し中頓別町の天北線小頓別に通じていた歌登町営軌道(16.2km)が美幸線建設促進のため1970年に廃止されるなどしました。

その名残が歌登健康回復村にありました。

歌登町営軌道
↑【歌登町営歌登線 ※歌登健康回復村】

歌登町営軌道のディーゼル機関車が歌登健康回復村に保存されています。






さて話を美幸線に戻します。

美幸線は旧国鉄時代全国一の赤字路線と報じられ、当時の長谷部町長が東京の銀座で宣伝活動を実施しその名が全国に伝えられましたが経営は改善されず、1985年9月17日全線廃止されバス転換されました。

廃止は大変残念な事ですが、近年の急速な道路整備により車社会にその座を譲ったのは致し方ない事かと思います。

完成していた鉄道用トンネルは並行して走る道道の短絡路として道路トンネルに転用されたものもあります。

このトンネルについては別の機会にブログ記事にする予定でいます。



美幸線廃止後、終着駅「仁宇布駅(にうぷえき)」付近の一部廃線跡は美深町のNPO法人「トロッコ王国美深」によって、1998年からエンジン付きの保線用軌道自転車の運転体験ができる「トロッコ王国」に転用されました。


トロッコ王国へは道央方面からであれば、国道40号美深町市街手前から道道49号美深雄武線を右折し東方向へ進行します。

高広パーキング
↑【高広パーキング】

国道40号から約16km走行すると「高広パーキング」があります。




パーキングの道路反対側を覗いてみると線路が見えます。

高広パーキング転回場
↑【高広パーキング転回場】

トロッコ王国が運行する美幸線レール跡です。





高広パーキング転回場
↑【高広パーキング転回場】

仁宇布駅跡(コタンコロ・カムイ駅)から出発したトロッコはここで折り返しとなります。





高広パーキングをさらに東へ5km程進行すると道道交差点に到着します。

トロッコ王国前道道交差点手前
↑【道道交差点】

この交差点を左折すると「トロッコ王国」です。





道道入口から王国を見る
↑【トロッコ王国】

奥に「トロッコ王国」が見えます。





入国受付所
↑【トロッコ王国】

トロッコに乗車する方は先ずこちらの「入国受付所」に立ち寄ります。






入国受付所の中
↑【トロッコ王国】

ここで乗車に必要な手続きを行います。






乗車前説明とトロッコ
↑【トロッコ王国】

係の方から乗車に関する注意事項の説明を受けます。(写真左端)





出発案内所
↑【トロッコ王国】

コースの案内図です。先ほどの乗車前説明はこの図を見て行います。





さて、私の乗車するトロッコの出発準備が整ったようです。

出発準備完了
↑【トロッコ王国】

私が今回乗車する2号車です。





木立の中を走行
↑【トロッコ王国】

木立の中を走行し、実に爽快な気分に浸れます。





それでは実際の走行状況を動画でどうぞ。

■ トロッコ走行状況(動画) ■







記事当初の写真にありましたが、私と女房は結婚前に一度ここを訪ねています。

28年前の話です。
もちろん当時はまだ美幸線が営業していた時代です。

現在その駅舎はありませんが、当時の施設が一部残っていました。

それはホームです。



トロッコ王国車庫とホーム跡
↑【トロッコ王国】

当時のホーム跡がそのまま残されています。




ホーム跡
↑【旧美幸線仁宇布駅跡 ※1981年5月】

28年前の写真にそのホームが写っています。





古い時刻表が手元にあるので美幸線のダイヤを見てみます。

昭和43年10月1日号美幸線時刻表
↑【旧美幸線仁宇布駅跡 ※1981年5月】

1日5往復運行していました。




美深方面
↑【旧美幸線仁宇布駅跡 ※1981年5月】

美深方面の様子です。





駅舎裏
↑【旧美幸線仁宇布駅跡 ※1981年5月】

駅舎裏の様子です。





今回ここを訪問し何だか懐かしさが込み上げてきました。


「トロッコ王国」では乗車記念に入国パスポートと乗車記念の硬券を配布しています。

入国旅券・オモテ
入国旅券・ウラ



乗車記念硬券・オモテ
乗車記念硬券・ウラ




いやぁ〜、鉄道ファンには嬉しいアイテムですね。


そして帰る際、私のブログで紹介させていただく旨をお話させていただくと、3人のスタッフの方が外に出てきていただきカメラに収まっていただきました。

スタッフ一同
↑【トロッコ王国】

スタッフの方々です。とても親切丁寧に対応いただきました。





スタッフの皆様からの伝言です。

「皆さんのお越しを心からお待ちしています」

とのことでした。





この度は大変お世話になりました。

また機会があれば訪問させていただきます。


皆さんも是非一度、「トロッコ王国」を訪問され家族一同楽しい体験をされてみませんか。


料金や営業時間その他については下記HPを参照願います。


●「トロッコ王国」ホームページ
http://www.torokko.co.uk/

住所は
〒098-2208 北海道中川郡美深町字仁宇布
TEL: 01656-2-1065



■「トロッコ王国」はこちらです。


より大きな地図で トロッコ王国 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
七夕
今日七月七日は七夕ですね。 しかし、北海道の一部の地方では一月遅れの八月七日が七夕です。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2009/07/07 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温故知新の旅 #5 「トロッコ王国(旧美幸線仁宇布駅跡)」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる