北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾岱沼温泉「シーサイドホテル」

<<   作成日時 : 2009/05/25 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

残念ながら野付温泉「浜の湯」は休業中でした。
道東の名湯がお休みしているのは誠に残念です。
再開されることを願っています。

さて、旅の疲れもそろそろピークになってきました。

温泉に入ってしばし休息したいと思います。

「浜の湯」近くにも温泉があります。

17年前の早朝、北海道全湯巡りで立ち寄った尾岱沼温泉「シーサイドホテル」です。


「シーサイドホテル」は17年経っても我が家の印象に深く残っている温泉ホテルです。

ここの日帰り入浴の営業時間は12:00〜20:00なのですが当時早朝ここへ到着しホテルの方に入浴確認したところ、営業時間外にも関わらず利用させていただいた事を思い出しました。

そのご厚意は今も忘れる事はありません。

さて「シーサイドホテル」は「浜の湯」から1km少々しかありません。

ホテル正面
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

ホテル前まで来て17年前の訪問を思い出しました。





下足ロッカー
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

玄関左手に下足ロッカーがあります。





ホテルフロント
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

ホテルフロントです。日帰り入浴の方はこちらで料金を支払います。

大人500円、子供200円です。





ロビー
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

フロント横がロビーになっていて窓から野付湾が望めます。






フロント前の廊下を渡り浴室へ向かいます。

廊下途中にここ野付湾名物の写真が飾られていました。

「四角い太陽」と言われるものです。

四角い太陽
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

海面上における大気温度差により生じる自然現象です。





さて浴室へ入ります。

浴室入口のれん
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

浴室入口の暖簾です。





脱衣ロッカーと脱衣かご
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

脱衣ロッカーと脱衣カゴが用意されています。





内風呂
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

内風呂の様子です。お湯が掛け流しされています。





露天風呂へ行ってみます。

露天風呂
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

野付湾が良く見えます。この景色を見て旅の疲れも癒されました。






お湯が掛け流しされていたのですが、温泉分析表ではどうなっているのでしょうか。

加水について
↑【尾岱沼温泉「シーサイドホテル」】

源泉温度が高いので加水されているようです。


それと塩素系薬剤も注入されているようですが入浴中はまったくその臭いは気になりませんでした。



しばらく露天で外の景色を眺めのんびりとさせていただきました。



自宅を出発する際女房から「疲れたらどこかで泊まってゆっくり帰って来て」と言われていたのですが、今回は宿泊せずのんびりと帰る事にします。


この後も立ち寄りたい場所があるので、おそらくもう600km程走行する事になるかと思います。




次回はいつ来られるかわかりませんので、ホテル前で記念撮影させていただきました。

本当にここの湯は10数年経っても変わらず大変良い湯でした。

ホテル前・今回ホテル前・1992年5月3日

お湯の良さは変わりませんが、私の体型はこの17年間ですっかり変わってしまいました。


次回は我が家北海道全湯巡り後の1999年6月に誕生した道東の温泉に立ち寄りたいと思います。



●尾岱沼温泉「シーサイドホテル」
日帰り入浴時間: 12:00〜20:00
入浴料金: 大人¥500  子供 \200 
電話: 0153-86-2316

 ※べっかいテレビより
http://betsukai.tv/blog/ch1/index.php?ID=213

■尾岱沼温泉「シーサイドホテル」はこちらです。


より大きな地図で 尾岱沼温泉「シーサイドホテル」 を表示









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





尾岱沼温泉「シーサイドホテル」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる