北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速料金1000円の旅 道南編 #12 「落部駅」

<<   作成日時 : 2009/04/18 08:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今月初め、高速料金上限1000円の特典を活かし出かけた道南の旅。
日帰りの旅にも関わらずネタ不足のためついつい12回も記事を書いてしまいました。
さらにあと1回記事を書くかもしれません。(笑)


今回は高速料金1000円の旅・道南編、12回目として「落部駅」をご紹介します。

今回の旅では温泉以上に多くの駅に立ち寄りました。

かにめし、もりそば弁当の長万部駅、関所跡の山越駅、いかめしの森駅、駒ヶ岳が絶景な駒ヶ岳駅、新幹線200系の流山温泉駅、そして今回の落部駅です。

この駅名にある「落部」は以前当ブログ難読地名クイズで出題させていただきました。

皆さん覚えていらっしゃいますか?





「落部」「おとしべ」と読みます。

行政区は八雲町になります。

今回何故ここへ立ち寄ったかというと、鉄道ファンである私はここを通過する列車を撮影するためです。

駅舎全景
↑【落部駅】

ここは函館本線「落部駅」です。





駅舎入口拡大
↑【落部駅】

駅舎入口に近づいてみます。






時刻表と運賃表
↑【落部駅】

駅舎内に時刻表と運賃表があります。

運賃表からここが札幌より函館に近い事がおわかりいただけると思います。





きっぷうりば
↑【落部駅】

ここは簡易委託駅のため朝からお昼過ぎまでしかきっぷを販売していません。

それ以外の時間帯は列車内で精算することになります。





駅名標
↑【落部駅】

駅へ来たら駅名標ですね。





名所案内
↑【落部駅】

落部駅から9kmに名湯「銀婚湯」があります。





駅舎裏から
↑【落部駅】

ホームから駅舎裏を見た様子です。





長万部方面
↑【落部駅】

下り、長万部方面の様子です。





函館方面
↑【落部駅】

こちらは上り、函館方面の様子です。




撮影していると列車接近警報音とともに遮断機が下りてきました。

長万部方向から目的の列車が接近してきました。

トワイライトエクスプレス
↑【落部駅】

大阪行寝台特急「トワイライトエクスプレス」です。




それではその雄姿を動画でどうぞ。

■ トワイライトエクスプレス(落部駅通過) ※動画 ■




先月のダイヤ改正で長年鉄道ファンに愛されてきたブルートレイン富士はやぶさが廃止となりました。

北海道においても道内のみで運行されていた特急寝台の「利尻」、「オホーツク」も昨年3月のダイヤ改正で廃止され、最後まで残っていた「まりも」も昨年8月で姿を消してしまいました。

しかし北海道から本州方面へ向かうブルートレインは今回紹介の「トワイライトエクスプレス」を含め「カシオペア」、「北斗星」、「はまなす」が健在です。

そういう点で北海道はブルートレインの宝庫ですね。

そして北海道内の運転区間は大半が電化されていないため、ブルートレインを牽引するのはあの「DD51」です。
ブルー色に塗られたDD51を見ただけで鉄道ファンはワクワクしてしまいます。

そして寝台急行「はまなす」はDD51単機による牽引ですが、その他のブルートレインは重連による牽引です。



今回のトワイライトエクスプレス落部駅通過を見て、過去に撮影した映像と合わせイメージビデオを作成してみました。

■ トワイライトエクスプレス(札幌駅入線・発車と落部駅通過) ※動画 ■




ブルートレインの旅って本当に旅情を感じますね。

この姿を見ると今すぐにでも列車に乗って本州方面へ旅に出たくなってきました。




●「落部駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E9%83%A8%E9%A7%85



■「落部駅」はこちらです。


より大きな地図で 落部駅 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
案内看板(おそらく駅構内)に写真でしょうか、ありそうでない工夫かと。

観光資源としての寝台特急が「北海道だけ」になってしまったにもかかわらず、九州で「寝台特急で行く北海道!」の宣伝話は聞かないです。
ドル箱の新幹線や山手線を持たないJR九州は、観光に力を入れてました。
韓国からのお客さんは、JR高速船の独壇場になってます。それも中古船。
民営化初代社長の先見の明だったんでしょうが、同根だった組織も変わってきてますね。
u.yan
2009/04/18 19:06
●u.yanさん
北海道は良い意味でも悪い意味でも「のんびり屋」なのです。
陸路で他県と繋がっていない点、ライバル意識がありません。

津軽海峡のこちらと向こうでは、ある意味日本と韓国ほど違うのです。(笑)
温泉マン
2009/04/19 01:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





高速料金1000円の旅 道南編 #12 「落部駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる