北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速料金1000円の旅 道南編 #7 「流山温泉駅」

<<   作成日時 : 2009/04/12 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高速料金1000円の旅・道南編、7回目は「流山温泉駅」からお伝えします。
実は昨年10月にここを訪ねています。(その時の記事はこちらへ)

しかし、今回ドライバーとして同伴した鉄道ファン「railwaypianist」氏の希望もあり再度訪問となりました。

前回ご紹介のレストラン「ケルン」は森町にあります。

「ケルン」から国道5号を大沼公園方面へ少々進むと七飯町に入ります。

画像
↑【国道5号を七飯町へ】

森町から七飯町へ入ります。


ここはシーニックバイウェイ北海道「函館・大沼・噴火湾ルート」です。


国道管理も八雲道路事務所から函館道路事務所へと変わります。



「ケルン」を出てまもなく、道道43号大沼公園鹿部線交差点に差し掛かります。

この信号を左折します。

画像
↑【函館大沼プリンスホテル入口を通過】

函館大沼プリンスホテル入口前を通過します。


もう28年前になりますがここ函館大沼プリンスホテルに宿泊し、2日間ゴルフ三昧した事を思い出しました。私がまだサラリーマンだった頃の話です。
もちろんサラリーマンの私が自費で来る余裕があったのではなく、当時勤務していた建設コンサルタント会社の社長、上司2人、私の4人で、取引先のお客様を接待するためやってきたのです。
当時札幌駅から小樽回りの特急北海に乗車し大沼公園駅までやってきたのを懐かしく思い出しました。

その特急北海の懐かしい写真がこちらのサイトにありました。



さて先方に大沼公園が見えてきました。

函館本線(駒ヶ岳回り)をスーパー北斗が函館方面へ通過していきます。

北斗通過
↑【函館本線 大沼公園駅界隈】

木陰になっていますが、大沼公園を疾走するスーパー北斗10号です。





画像
↑【函館本線 踏切通過】

函館本線の踏切を通過します。



先ほど通過したスーパー北斗が大沼公園駅に停車しているのが見えます。



この先は大沼湖畔に沿って車を進めます。

大沼公園を反時計回りに約半周した地点に流山温泉駅があります。

温泉全景
↑【流山温泉】

こちらは流山温泉です。

昨年10月の訪問時は入浴していますが今回は立ち寄っていません。
(館内の様子は昨年のこちらの記事へどうぞ)





遠くに新幹線が見えます。

200系遠景
↑【流山温泉駅】

歩いて近づいてみることにします。






200系近景
↑【流山温泉駅】

これは東北新幹線開業時活躍した200系車両です。






200系説明板
↑【流山温泉駅】

ここに展示された経緯が説明されています。





そして駅に来たら駅名標の撮影です・・・

駅名標
↑【流山温泉駅】

流山温泉駅の駅名標です。






時刻表と運賃表
↑【流山温泉駅】

列車時刻と運賃表が掲示されています。






200系正面から
↑【流山温泉駅】

真正面から200系車両をみてみます。





北海道はゴールデンウィークから本格的な観光シーズンが始まります。

SL函館大沼号案内
↑【流山温泉駅】

SL函館大沼公園号運行の案内がありました。


SLは函館を出発し森駅を経由し函館本線の駒ヶ岳、砂原の両回りを走行します。

鉄道ファンであれば是非乗車してみたい列車です。


ここ流山温泉には広大なパークゴルフ場があります。

パークゴルフ場
↑【流山温泉駅】

訪問時の4月上旬はまだ芝も茶色っぽい感じです。


それが、しばらくすると・・・

画像
↑【流山温泉駅】

青々としたグリーンになります。



健康のため新鮮な空気を味わいながらパークゴルフを堪能しその後温泉入浴をする。

これもまた楽しいかもしれません。



今回ドライバーとして同行した「railwaypianist」氏が流山温泉駅で撮影した写真・動画の編集版がYoutubeにありますので是非ご覧下さい。

■ 「railwaypianist」氏の動画 ■





●「流山温泉」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E5%B1%B1%E6%B8%A9%E6%B3%89%E9%A7%85



■「流山温泉駅」はこちらです。


より大きな地図で 流山温泉 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





高速料金1000円の旅 道南編 #7 「流山温泉駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる