北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本鉄道旅行地図帳(札幌温泉)

<<   作成日時 : 2009/01/07 00:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 4

鉄道ファンの私が最近愛読しているのが「日本鉄道旅行地図帳」です。
現在発刊されているのは、昨年5月発刊の第1巻「北海道」から先月発売の第8巻「関西1」迄の8冊です。
この先このシリーズは全12巻+別巻1冊の計13冊が刊行予定になっています。


1-8巻
↑【日本鉄道旅行地図帳】

こちらが現在販売されている全8巻です。






第1巻
↑【日本鉄道旅行地図帳】

こちらが昨年5月発刊された第1巻「北海道」です。




この地図帳には廃線になったり北海道開拓時代にあった馬車鉄道等も含め鉄道の歴史を学ぶ事ができる貴重なデータが満載です。

ある程度北海道の鉄道に関して知識を有していると自負していた私ですが、この本を読んで自分の無知ぶりを改めて認識しました。


さてその地図の中で気になった鉄道がありました。

それは札幌市内にあった札幌温泉電気軌道という路線です。

今までに聞いた事が一度もありませんでした。

私が知らないのも無理はありません。
この路線は1929年(S4)6月30日から1934年1月19日(S9)の僅か5年間しか営業していませんでした。

なお「札幌温泉電気軌道」は1930年10月25日から「札幌郊外電気軌道」と名称変更になっています。

路線は札幌市内大通西23丁目にあった市電(当時は札幌市電気局)1条線円山三丁目停留所近くの南一条駅から、中央区界川(菊水旭山公園通と藻岩山麓通交差点)にあった温泉下駅迄の1.8kmの短い区間でした。

この鉄道は温泉下駅近くの中央区界川495(現在の界川1丁目6-14)にあった札幌温泉への輸送を行うために敷設された路面電車線(電気軌道)だったのです。



札幌温泉と聞いて私は白石区米里にあった施設を思い出しました。

米里・さっぽろ温泉跡
↑【さっぽろ温泉跡  ※白石区米里 現在は廃業しており存在しません】



我が家で3回程行った記憶があります。

なかなか良い湯だったので廃業は残念でした。



さて話を戻します。

札幌市界川の札幌温泉跡を訪問してみます。

界川交差点
↑【界川交差点 ※札幌温泉駅跡】

ここ界川交差点に札幌温泉電気軌道の駅があったようです。



界川交差点(温泉下駅)から300m程旭山公園方向へ坂を登っていくと「札幌南藻園(財団法人鉄道弘済会児童養護施設)」があります。

札幌南藻園
↑【札幌南藻園 ※札幌温泉跡】


ここが札幌温泉があった場所です。

札幌南藻園グランド
↑【札幌南藻園 ※札幌温泉跡】

札幌南藻園グランドです。
この辺りに温泉施設があったようです。





そして大変驚いた事に札幌温泉はここに泉源があったのではありません。

ここから30km余り離れた定山渓温泉から配管を使い湯を運ぶという大がかりなシステムを採用していました。

当然その湯は冷めてしまうので再度温めなおして利用していたのです。

昭和初期では今のように温泉掘削技術が発達していなかったのでこのような形態になったのです。

それにしても昭和初期に今風でいう温泉健康センターがあったとは驚きです。

開設当初は札幌市内で定山渓の湯に入る事ができたので人気があったようです。

しかし開設後、札幌温泉電気軌道の変電所焼失や温泉輸送の配管トラブルが重なり5年という短期間で営業が終了してしまいました。



それにしてもこの日本鉄道旅行地図帳は優れものですね。
私は今後発刊分を含め全巻購入予定です。



日本鉄道旅行地図帳はこちらからも購入できます。


日本鉄道旅行地図帳(1号)
楽天ブックス
全線・全駅・全廃線北海道 新潮「旅」ムック 著者:今尾恵介出版社:新潮社サイズ:ムックその他ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ






●「札幌温泉」に関する資料  ※札幌文化資料室HPより
http://www.city.sapporo.jp/bunkashiryo/sodanshitsu/onsen.html



■「札幌温泉跡」はこちらです。










それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
遠くへのお出かけ・旅行には交通地図があると便利
初めて行く地域に観光旅行に訪れた時、最初はやはり土地勘がないため目的地にたどり着くまでの道順や路線がよくわからずに、方向を間違えてしまったり、到着までに時間がかかってしまう事もよくあるかと思われます。そんな時の道標として、道路交通地図を事前に用意してあらかじめ道順や周囲の名所・地形・路線図などをチェックしておきまして、旅行先にも持ち歩くと目的地までの道のりの把握が大変スムーズになります。... ...続きを見る
日本国内の宿泊・日帰り観光旅行ツアーガイ...
2009/08/08 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
新年おめでとうございます!今年もよろしく御願いします!
それにしてもこんなところに鉄道が有っただなんて全く知りませんでしたよ。
これからも楽しい記事を期待していますね!
カルゴン
2009/01/07 11:39
●カルゴンさん
明けましておめでとうござます。
こちらこそよろしくお願いします。

鉄道って本当に奥深いですね。
今月は大宮に立ち寄り予定です。(笑)
温泉マン
2009/01/07 15:52
遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

詳しく調べましたね。30kmも離れた場所から湯を引くとは・・・。
当時としては凄いことですね。(今でも凄い)


↓私はペコちゃんのお菓子くじはみていただけ、だってクジ運がないから!
かりん
2009/01/08 19:13
●かりんさん
ちょっと暇していたので札幌市内を探索してみました。(笑)

今年もよろしくです。

ぺこちゃんを含めキャラグッズに弱い温泉マンなのです。
温泉マン
2009/01/08 20:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





日本鉄道旅行地図帳(札幌温泉) 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる