北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉探訪温故知新 #1 「別海町編」

<<   作成日時 : 2009/01/18 04:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私、温泉マンはプロフィール紹介にある通りその昔北海道の温泉全湯を回る旅に家族全員で出掛けました。
元はと言えば私が独立起業後ストレス性の病で入院し、退院後リハビリが目的で始めた札幌近郊の温泉歩きがきっかけでした。


近郊の温泉歩きも終える頃、私は温泉が持つ魅力を少しずつ理解し始めていました。
そして何気なく立ち寄った書店で見つけた1冊の本がきっかけで北海道全湯巡りを決行することとなったのです。

その本とは松田忠徳さん(現札幌国際大学観光学部教授)の著書「湯けむりの旅 北海道」です。

画像
↑【湯けむりの旅 北海道】

1987年8月初版発行です。


北海道内の名湯・秘湯76ヵ所が紹介されています。

これを見て温泉の魅力にどっぷりと嵌ってしまった私です。


しばらく後、我が家の毎週金曜夜自宅出発、日曜夜帰宅の温泉巡り生活が始まったのです。


あれから20年、最近年齢や体力的な事もあり遠方の温泉はすっかりご無沙汰しています。

そんな過去の北海道全湯巡りを振り返り当時の思い出を少し書いてみたいと思います。






北海道は大変広大な大地です。
特に道東方面の温泉訪問は私の住む石狩から最も遠方に位置し制覇に苦労した場所です。


中でも根室支庁管内の温泉制覇のため数回こちらの地方を訪ねています。

走行距離にすると片道400km以上あります。
そして当時高速道路もほとんどない時代です。



もちろん我が家の住まい石狩から日帰りでの訪問は無理のため宿泊していました。
と言ってもホテルや旅館ではなく、そのほとんどが車中泊です。


したがって食事もいつもこんな感じでした。

画像
↑【国道脇の駐車帯で食事】

道の駅がなかった当時、国道脇の駐車スペースでカップ麺を食べていました。


結構過酷なスケジュールの中、当時女房も子供も良くついて来てくれたと振り返っています。

子供達にとっては楽しい日々だったようです。



さて根室支庁には次の1市4町があります。

根室市羅臼町標津町中標津町別海町です、

この1市4町の中で根室市を除き他の4町は温泉の宝庫です。

今回この4町の中から別海町訪問時の思い出を書かせていただきます。

別海町には1992年(H4)のゴールデンウィークに訪問しています。

別海町の観光名所、「尾岱沼」にある温泉ホテルです。

画像
↑【シーサイドホテル】

尾岱沼温泉シーサイドホテルです。

ホテル裏手がオホーツク海で早朝露天風呂から日の出を眺めながら入浴できます。


定かな記憶ではありませんが、我が家訪問時は早朝で入浴営業時間外だったのですが無理をお願いして入浴させていただいたように思います。

我が家温泉巡りでは自宅を夜に出発し現地に早朝到着することが多かったので、温泉営業時間外に無理をお願いして入浴させていただいたところが数多く存在します。

本当に温泉旅館の方々のご親切・ご配慮に当時大変感動いたしました。
改めてここで感謝の意を表したいと思います。



それと写真が残っていないのですが、ここから程近い場所に野付温泉「浜の湯」があります。

少しワイルドな露天風呂が記憶に残っています。


我が家から根室支庁方面の道東を頻繁に訪ねる事はできません。

しかし道内屈指の見所の多い場所であることに間違いはありません。


過去の温泉探訪を振り返りまた訪ねてみたくなってきました。

6月下旬には尾岱沼名物の風物詩、打瀬船による北海シマエビ漁シーズンです。
また北海シマエビ販売や各種イベントが盛り込まれた「えびまつり」(今年は6/27、6/28)も開催されるようですので、その頃にでもまた訪ねることができればと思っています。



●尾岱沼温泉シーサイドホテル

住所:北海道野付郡別海町尾岱沼岬町29

☆日帰り入浴情報☆
【営 業 時 間】 12:00〜20:00
【  料 金  】 大人   ¥500 
          子ども  ¥200 
          タオル  ¥150 
          バスタオル¥200
【  泉 質  】 ナトリウム塩化物泉
【  効 能  】 疲労回復 皮膚病 神経痛 リウマチ 五十肩など

●「シーサイドホテル」 ※べつかいTVより
http://betsukai.tv/blog/ch1/index.php?ID=213



■「シーサイドホテル」はこちらです。










それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
温泉マンさん こんにちは。
このレポートを読むと 当時は道の駅もない中、車中泊しながら食事、というのは 大変かな? 
と思いますが 奥様もお子さんも 温泉マンさんと一緒に出かけることができて 工夫しながら楽しんでいた・・という風に お見受けします。
言うなれば 温泉マンさんご家族が 車中泊の先駆者ですね!
これからのレポートも楽しみです 難儀したことなども書いて下さると 参考になることもありますので宜しくお願いします。
ぴかリン
2009/01/18 08:53
●ぴかリンさん
こんにちは。
新年早々精力的に行動されていらっしゃますね。大変羨ましく拝見させていただいています。

車中泊最初の頃はセダンタイプの乗用車だったので結構大変でした。
しかしその後ワゴン車を購入してからは大変楽になりました。

記憶が薄れてきた所為もあり難儀した記憶をすぐには思い当たりありませんが過去を思い起こしつつ記事を書いて行ければと思っています。

今回の記事も思い付きで書いたので次回記事がどんな物になるかわかりませんが期待しないでお待ち下さい。(笑)
温泉マン
2009/01/18 10:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





温泉探訪温故知新 #1 「別海町編」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる