北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北豊津駅

<<   作成日時 : 2008/11/01 01:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き秘境駅に関する話題です。
秘境駅の多くはごく限られた人しか利用していない場合がほとんどです。
したがって通学生や通院・買い物等、いつも顔なじみの方の利用が多くなっています。


このように秘境駅を訪問しても滅多に乗降客とお会いする機会がないのですが、今回は偶然地元の方とお会いする事ができました。


今回紹介する秘境駅は函館本線にある北豊津駅です。

長万部駅から函館方面へ3駅目です。

駅舎全景
↑【北豊津駅】




ここ北豊津駅は牛山隆信氏の「秘境駅へ行こう!(ランキング)」で全国22位となっています。


前回紹介の小幌駅とは違い駅前まで車で訪ねる事ができます。
(国道入口が大変わかりずらくなっていますので注意が必要です)

国道5号への道
↑【北豊津駅】

駅から400m先に国道5号が走っています。
従って車での到着は容易になっています。






駅舎入口
↑【北豊津駅】

駅舎入口です。







駅舎きっぷ入れ
↑【北豊津駅】

無人駅らしく駅舎入口にきっぷ入れがあります。





駅舎内のイス
↑【北豊津駅】

非常に簡素な駅舎内の待合室です。





運賃と時刻表
↑【北豊津駅】

運賃と時刻表が掲示されていました。






駅ノート
↑【北豊津駅】

こうした秘境駅や無人駅を訪ねると「駅ノート」が置かれている場合があります。

前回の小幌駅には現在待合室が存在しないため「駅ノート」はありませんでした。







駅ノートの中(モザイク)
↑【北豊津駅】

秘境駅ではこうして駅ノートを見る楽しみもあります。

随分遠方から来られている方もいらっしゃいます。





さてホームへ行ってみましょう。

上り線ホームへの階段
↑【北豊津駅】

ホームへの階段です。







駅名標
↑【北豊津駅】

駅名標です。

長万部方面の隣駅は「くんぬい」で、函館方面の隣駅は「くろいわ」です。

ちなみに「くんぬい」は漢字で「国縫」と書きます。
※難読地名クイズにしても良かったのですが・・・
難読地名クイズは別な問題を用意しています。(近日紹介予定)





下り線ホームから函館方向を見る
↑【北豊津駅】

こちらは函館方面です。






上り線ホームから長万部方面の見る
↑【北豊津駅】

こちらは長万部方面です。






下り線ホームから駅舎を見る
↑【北豊津駅】

下り線ホームから駅舎を見た様子です。





駅舎やホームで写真を撮っていると、一人のおばちゃんが下り線ホーム(長万部方面)にやってきました。

下り線ホームで待つおばちゃん
↑【北豊津駅】

長万部迄買い物に行くという近くにお住まいのおばちゃん。

※近くと言っておばちゃんが指さした自宅は・・・・・

はるか遠くにポツンと見えていました。
優に1km以上はある感じでした。(笑)




おばちゃんが乗る列車まで20分以上時間があったので少しお話をさせていただきました。

おばちゃん:「あんたさんも乗るんかい?」 

私:「駅の写真撮りにきたんです。」 

おばちゃん:「あぁ〜そうかねぇ。こんな駅珍しんかねぇ〜」 

私:「全国的に有名な駅なんですよ〜」 


そんな会話をしているとおばちゃんが乗る方向とは反対方向(函館方面)の列車が入線してきました。

函館行列車入線
↑【北豊津駅】

函館行普通列車です。乗客もほとんどいません。





函館行(砂原まわり)発車
↑【北豊津駅】

ここ北豊津駅での乗降客はありませんでした。



おばちゃんが乗る列車まで待っていたかったのですが、時間の都合でここでお別れしました。




おばちゃんと函館行普通列車
↑【北豊津駅】

走り去る列車とホームで待つおばちゃん・・・・

とても絵になるワンシーンでした。






温泉マン一口メモ

ここ北豊津駅は長万部町豊津地区にある駅です。
本来であれば豊津駅と命名されても良かったのですが、これは旧国鉄時代に同名(同じ読み)の駅名を設置しない規則があったため、旧国鉄田川線(福岡県・現平成筑豊鉄道田川線)に豊津駅(行橋市)が1895年開業していたためこちらが北豊津駅となったと思われます。

漢字が違っていても読みが同じ場合も設置がされませんでした。
根室本線茂尻(もしり)駅と現在廃線となりましたが深名線にあった北母子里(きたもしり)駅がそうです。北母子里駅は幌加内町母子里地区にあり、深名線開業時母子里(もしり)駅と命名したかったのですが、前述の茂尻駅があったため北母子里駅となりました。

また同名であっても読みが違う場合は例外となります。
信越本線にある横川駅と山陽本線にある横川駅です。
両駅は漢字が同じですが読みが違うため規定から除外となっています。
信越本線横川駅(群馬県安中市)は「よこかわ」と読みます。
山陽本線横川駅(広島市西区)は「よこがわ」と読みます。




■「北豊津駅」はこちらです。










それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





北豊津駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる