北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新見温泉「新見本館」

<<   作成日時 : 2008/10/04 03:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 2 / コメント 4

国道5号を函館方面へ走行します。
蘭越町市街から右折し道道229号北尻別蘭越停車場線へ入ります。
しばらく走行後さらに道道268号岩内蘭越線を右斜め前方へ進みます。

道道229号
↑【新見温泉への道】

岩内方面へ進行します。





道道268号
↑【新見温泉への道】

少し木々の葉が色付いてきた感じです。





道道分岐点から約10km程走行すると新見本館入り口に到着です。

道道入口
↑【新見温泉 新見本館】

道道左手に新見本館を示す看板があります。






宿全景
↑【新見温泉 新見本館】

宿全体の様子です。


かれこれ5回以上訪問していますが、最後に来たのはかなり以前だった気がします。


秘湯を守る会提灯
↑【新見温泉 新見本館】

ここは「日本秘湯を守る会」の宿です。
現在北海道には10ヶ所の宿がありますがどれも魅力的な秘湯です。






フロント
↑【新見温泉 新見本館】

こちらで入浴料を支払います。大人500円です。





ロビー
↑【新見温泉 新見本館】

フロント横がロビーになっており風呂上がりに休憩できます。






浴場案内
↑【新見温泉 新見本館】

新見本館には浴場が2ヶ所あります。





まずは第1浴場へ行ってみます。

第1浴場への通路1
↑【新見温泉 新見本館】

第1浴場への通路です。






第1浴場への通路2
↑【新見温泉 新見本館】

突き当たりにトイレがあります。ここを右に曲がると浴場入口です。





第1浴場・泉質と効能
↑【新見温泉 新見本館】

入口手前に泉質と効能に関しての説明がありました。






男湯入口
↑【新見温泉 新見本館】

こちらが男湯入口です。





高温浴槽
↑【新見温泉 新見本館】

浴槽が2ヶ所あり、こちらは入って右手にある高温浴槽です。
かなり熱い湯です。


本来ここで湯温を測定するのですが、今年7月の旅で温度計を壊してしまい、まだ新しい温度計を購入していません。
高温浴槽はおそらく45度程度かと思います。


中温浴槽
↑【新見温泉 新見本館】

こちらはもう1ヶ所の入口奥にあるの浴槽です。
こちらは適温です。





飲泉
↑【新見温泉 新見本館】

飲泉も用意されています。






打たせ湯
↑【新見温泉 新見本館】

内風呂の奥に打たせ湯があります。

以前訪問した時も利用したと思うのですがあまりはっきりと覚えていません。


※打たせ湯にあたっていると、今年訪ねた広島県の湯ノ山温泉を思い出してしまいました。こちらは落ちてくるの温泉ですが、あちらは冷泉でした。
その時の記事は下記へどうぞ。

http://makiken.at.webry.info/200808/article_30.html



さて一度フロントまでへ戻ります。

玄関前浴場案内

↑【新見温泉 新見本館】

今度は第2浴場向かいます。





第2浴場への通路

↑【新見温泉 新見本館】

第2浴場への通路です。





脱衣かご
↑【新見温泉 新見本館】

脱衣室の脱衣かごです。






コインロッカー
↑【新見温泉 新見本館】

100円硬貨式のコインロッカーもありますが使用後硬貨は返却されませんのでご注意願います。





第2浴場内風呂
↑【新見温泉 新見本館】

第2浴場の内風呂です。





内風呂奥のドアを開けると露天風呂へ通じています。

露天風呂
↑【新見温泉 新見本館】

こちらが新見本館の露天風呂です。






それでは失礼して・・・

露天風呂筆者入浴
↑【新見温泉 新見本館】

いい湯です!!





新見本館はもちろん源泉掛け流しの湯です。

古くから北海道の名湯として愛され続けている温泉です。




住所は
〒048-1327
北海道磯谷郡蘭越町字新見1

<日帰り入浴のご案内>
・ご利用時間 AM8時〜PM9時
・料金 大人500円 中学生300円 小人200円 幼児(1歳以上)100円

TEL 0136-57-5231




●「新見温泉 新見本館」ホームページ
http://www.et.sakura.ne.jp/~niimi/



■「新見温泉 新見本館」はこちらです。










それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
黄金温泉(こがねおんせん)
一昨日関西からお客様が来られました。 今回私が企画させていただいた勉強会における発表者の一人として遠路北海道まで来ていただきました。 実は4月中旬にも北海道へ来ていただたのですが、その時予定していたニセコ方面の温泉探訪が時間の都合でできなかったため今回決行させていだきました。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2012/06/08 14:07
103年の秘湯、後継者難で幕(蘭越町)
最近温泉の休廃業に関する情報が多く伝えられています。 今年10月、蘭越町にある名湯「新見温泉(新見本館、新見温泉ホテル)」が後継者難で廃業するとの情報が伝わってきました。 温泉ファンであれば誰しも信じる事ができず「えっ!!何故?」と疑問を投げかけられたことと思います。 しかしそれは現実のお話しでした。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2015/12/14 11:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
温泉マンさん、おはようございます。
新見温泉は2箇所、温泉施設がありますが どちらも好きです。
☆的には 露天風呂が気持ちよいのと、飲泉できるのが魅力と思っています。
さらさら・すべすべの湯に浸かりたくなりました〜
ぴかリン
2008/10/04 04:54
●ぴかリンさん
お久しぶりです。
パソコンの調子は大丈夫ですか?

新見温泉ホテルの方もいいですね。
私的にはいつもこちらへ立ち寄ってしまいます。
昔は両方に立ち寄っていたのですが・・・(笑)

でも以前に比べてお客様の数が減っているような気がします。
こんなに素晴らしい湯なのですが、ニセコ周辺の湯に皆さん集中しているのでしょうかね。
久し振りにゆっくりと入らせていただきました。
飲泉できるところも少なくなってきたのでここは貴重な温泉ですね。
ぴかリンさんも行かれましたらその記事を楽しみしています。
温泉マン
2008/10/04 05:12
お久しぶりです!
8月にニセコを探検してきたのですが
ココはまだ未訪問です
秋の景色が期待できそうな温泉ですね
今度行ってみたいと思います
じゅん☆
URL
2008/10/04 10:49
じゅん☆さん
ご無沙汰しております。
本日は早朝より北海道を代表する秘湯家お二人からコメトいただき恐縮しております。
新見温泉はこれから紅葉の最盛期を迎えます。また雪見の露天も最高なのでじゅん☆さんのいつものポーズによるレポートを期待しています。
温泉マン
2008/10/04 16:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





新見温泉「新見本館」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる