北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 作並駅

<<   作成日時 : 2008/02/13 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

最近すっかり本業が多忙のため投稿がご無沙汰しております。
私にとって一年でもっとも多忙な時期を迎えています。
担当講座の資料準備に追われる日々が続いています。
でも、息抜きを兼ねブログ記事を書くのも気晴らしに良いかもしれません。

ということで思いついた記事を一つ書いてみます。


当ブログでも鉄道に関する過去記事をいくつかお伝えしてしています。

田舎育ちで娯楽の少なかった私の少年期は、鉄道時刻表を見て空想の旅を思い浮かべることがとても楽しみでした。



「大きくなったら自分で好きな場所へ鉄道旅行するぞ!」



そんな思いが大人になった私の心の奥底に残っていたのだと思います。


16年前の1992年10月、仕事で仙台へ出張しました。

札幌〜仙台間の交通は決して利便性が良いとは言えません。
現在もそうですが、ほとんどが飛行機を利用される方が多いと思います。

当時、仙台市内と仙台空港間は連絡バスが主たる交通手段で、高速道もほとんどなく1時間近くかかっていました。
現在は鉄道の開通(仙台空港アクセス鉄道)で最短17分で結ばれ利便性が格段に向上しました。
(是非この鉄道にも機会があれば乗ってみたいです・・・)


実は鉄道ファンの私はこの時の出張では飛行機を利用せず、鉄道を利用したのです。

行きは札幌→青森寝台急行はまなす)、青森→盛岡特急はつかり)、盛岡→仙台東北新幹線)という利用です。

鉄道ファン以外の方ではこのような利用はまずされない事と思います。

札幌まで新幹線が早期開業することを願いたいと思います。



さて、出張した仙台の仕事は午前中には済んでしまいました。


すぐ札幌へ戻るのであれば、仙台から当時盛岡迄開業していた新幹線と在来線を乗り継ぎ帰る事ができますが、乗換が面倒なのでこの時は寝台特急北斗星を利用しました。

仙台発札幌行北斗星は午後9時過ぎの発車です。

たっぷりと時間があります。

そこで鉄道ファンの私は仙台近郊のぶらり旅に出かけることにしたのです。

事前にどこへ行くかは全く決めていませんでしたが、何となく山間の風景を見たくなり山形方面の仙山線に乗ってみる事にしました。

仙台駅の運賃案内版を見て、取りあえず山形県境に近い作並駅迄切符を購入しました。

所要時間は約30分です。

出発直後は仙台市街の風景を見る事ができますが、しばらくすると郊外ののんびりとした様相となります。

作並駅ホーム
←【作並駅】
ぶらりと作並駅までやってきました。

ここまで来ると空気も美味しく感じます。






駅名標
→【作並駅】
鉄道ファンにとって駅名標の撮影は必須です。(笑)

駅名標を撮影、収集する鉄道マニアの方もいらっしゃいます。






ホーム出口こけし
←【作並駅】
ホームから駅舎出口に向かうと大きなこけしが目につきました。

東北地方を旅するとこけしを良く見かけます。







作並駅前
→【作並駅】
実はここ作並駅から国道48号を山形側へ3km行った所に作並温泉があります。




残念ながらこの時温泉には立ち寄っていません。

しかしその数年後、再度出張した際に宿泊しているのですが、写真が残っていません。

仙台郊外の静寂な山間にある作並温泉は心癒される温泉です。


何かに没頭していると、ふと息抜きに田舎の風景が恋しくなる温泉マンでした。



【温泉マン鉄道一口メモ】
この時旅したJR東日本仙山線に読み方が難しい駅名があります。
「愛子駅」です。
一頃奥州三大名湯の一つ秋保温泉の玄関口として利用も多かった駅です。
読み方の正解は記事の最後で。




作並温泉には7軒の湯宿があります。
私のお気に入りは「ゆづくしの宿一の坊」です。
広瀬川沿いにある露天風呂はせせらぎの音を聞きながら心癒され至福のひとときを過ごす事ができます。

●作並温泉旅館組合ホームページ
http://www.sakunami-spa.com/


●JR東日本 仙山線 作並駅
http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=737

■「作並駅」はこちらです。












愛子駅」は「あやしえき」と読みます・


それでは。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鉄道の旅は、どことなくのんびり出来ていいですよね♪
私は車窓をゆっくり眺めるのが好きです。(駅弁も…笑)
そういえば、昨夜見た某テレビ番組で
ユニークな駅(ある動物が駅長さんになっている)が
紹介されていました。
和歌山県に所在するのですが…
外見・車内ともに、可愛く装飾された列車があったりと
一度廃止されたらしいのですが
そうとは思えないほど、活気が見られました。
存続するのは大変かも知れませんが
復活して欲しい廃止線はたくさんあるなぁと
感じる今日この頃です。
かいるん
2008/02/14 07:39
●かいるんさん
列車の旅って時間がないとなかなかできませんよね。
そして駅弁もかかせませんね。(笑)
残念ながら昨夜の番組は見ていませんが、利用者増大の工夫はあちらこちらで実施されています。
廃線の復活はかなり難しいですが、その跡を旅する事ができる部分は結構あるかと思います。
私もそのうちそんな旅をしてみたいと思っています。
温泉マン
2008/02/14 09:01
こんにちは
駅名標を撮影、撮ってるつもりが帰宅後には撮ってなかったとわかっってがっかりすることが私は多いですね。
写真には残っていない温泉でもそのときに思い出に残った良い温泉っていいですよね。
かりん
2008/02/15 12:39
●かりんさん
鉄道ファンには国鉄時代の古い時代の駅名標に人気があるようですね。
昔は小さな町の駅にも駅員さんがいました。
古い時代の私には、学校の先生が転勤する際、生徒やその父兄が駅に集合し走り去る列車をみんなで見送った記憶が残っています。
その頃は蒸気機関車の時代だったですね。

最近は道外への出張も少なくなったので、ぶらり旅をする機会もなくなりました。
たまには鉄道を利用したローカル温泉旅もいいですね。
温泉マン
2008/02/15 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





作並駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる