北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『温泉』と私

<<   作成日時 : 2008/01/03 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008年新年にあたり私の温泉観について書いてみたいと思います。

ブログを始めて1年半が過ぎました。

そして最近素朴な疑問が私の脳裏をかすめます・・・




何のために温泉歩きをしているのだろうか・・・





そもそも私が温泉歩きを始めたのは23年前(1985年)に独立し会社を設立した時に遡ります。

独立後半年経ち、ストレス性の病に伏し1ヶ月程入院した事に起因します。
退院時担当医師から

『少しのんびりと温泉にでも入られたらいかがですか』

の言葉です。

温泉は私自身嫌いではなかったし、お陰様で女房も温泉好きでした。

当初は北海道全域の温泉を回る気持ちなど全くありませんでした。

その気持ちに変化があったのは私の性格と関連があります。
昔から飽きっぽい性格の私は、自宅近郊の温泉を1年半程で周り尽くし、同じ場所を何度も訪ねる事が億劫になってきました。

そんな頃、書店で温泉に関する1冊の本に出会いました。


湯けむりの旅北海道・松田忠徳
■湯けむりの旅北海道
「松田忠徳著 1987年8月25日初版 富士書院発行」


●松田忠徳さんホームページ
http://www.matsudanet.com/index.html




北海道の代表的な名湯秘湯76湯紹介されています。

私が退院後リハビリを兼ね歩いていた札幌近郊の温泉では見られない大自然の中にある何とも魅力一杯温泉ばかりが載っていました。


私はすぐさま購入し、帰宅後読み耽ったのです。





・・・ これだ!! ・・・ 




私はこの時、この本に載っている温泉全てを回る決意を固めました。


先に説明させていただいたように、温泉は私にとっては精神安定剤みたいなものです。


もっといえば私の人生そのものです。


温泉を訪ねる数が増えるごとに少し欲が出てきました。



「ところで北海道にはいくつ温泉があるのだろうか?」



そんな疑問を持ち再び書店の旅行関連コーナーを訪ね、北海道の温泉を詳しく書いてある本を探してみました。

残念ながら購入した書籍・雑誌の名前は覚えていませんが240ヶ所近い温泉が載っていたと思います。


当時温泉に関する情報と言えば雑誌情報誌そしてリアル情報源としてテレビの温泉旅番組でした。


今はインターネットが普及し、検索したいキーワードを入れググれば多くの情報を無料で入手する事ができます。

しかし、逆にその事が一部でマナーの低下や秘湯性を失わせる結果に結びついている点は残念でなりません。


今のようなインターネット情報がない当時は、温泉関連の専門情報はそれほど多くはありませんでした。

その中で草分け的なこの情報誌を語らない訳にはいきません。


それは現在も発行されている「いい旅研究室」です。

主宰は舘浦あざらしさんです。


北海道の温泉ファンでお読みになった方も多いと思います。



1999年5月に第1号が発行され、現在昨年10月発行の第10号迄あります。

緻密な現地取材と本音の解説は読む者が共感を覚える部分も多くあります。

舘浦さんとは一度だけお会いした事がありますが、何事にも精力的に探求される方とお見受けしました。

私も第1号から購入していました。
当初は会員制のような形になっていたので、発行の度に送られてきていました。


いい旅研究室1いい旅研究室2いい旅研究室3
■いい旅研究室1 1999年5月10日発行
■いい旅研究室2 2000年1月21日発行
■いい旅研究室3 2000年6月21日発行




いい旅研究室4いい旅研究室5いい旅研究室6
■いい旅研究室4 2000年12月29日発行
■いい旅研究室5 2001年11月 1日発行
■いい旅研究室6 2002年 7月27日発行



残念ながら「いい旅研究室7」、「いい旅研究室8」は購入していませんでした。

バックナンバーも在庫なしとの事ですので全巻揃えられず残念です。


いい旅研究室9いい旅研究室10

■いい旅研究室9 2006年12月12日発行
■いい旅研究室10 2007年10月20日発行


今後も引き続き発行いただける事を願っています。




北海道の温泉関連本を見ていると、「無料で入れる温泉」の掲載がありました。

温泉ファンとして、無料で入れる事は大変ありがたい限りです。


その後、北海道内の無料温泉に関し書店である本に出会いました。

北海道に住んでいて今まで無料で入れる温泉がこんなにあるとは思ってもいませんでした。

北海道無料100秘湯無料温泉in北海道

■北海道無料100秘湯 1997月4月20日発行
■無料温泉in北海道 1998年4月10日発行

表 正彦氏著



北海道の秘湯歩きをされる方でこの本を参考にされた方も多いのではないでしょうか。


私の北海道全湯巡りをはこの本が発行された1997年にはほぼ終えていたのですが、この本を見て改めて数ヶ所の秘湯を訪ねたのを覚えています。


特に島牧村山中深くにある、金花湯はこの本のおかげで到達できた究極の秘湯です。


残念ながら過去写真を探したのですが今現在見つかっておりません。

金花湯については、私のお気に入りリンク「北海道中 野湯くりげ ☆紀行(管理人:ぴかリンさん)」の下記記事に紹介がありますのでご参照下さい。
http://37964346.at.webry.info/200710/article_6.html
http://37964346.at.webry.info/200710/article_7.html
http://37964346.at.webry.info/200710/article_8.html




ブログの中には実に多くの温泉関連サイトがあります。


そしてそのほとんどの方は”業”として温泉を紹介している訳ではありません。


温泉大好き人間!!の方ばかりです。


一つの都道府県に限定した温泉ブログがこれほど多く存在し、また秘湯名湯を歩き続ける方々が多いのも北海道ならではないでしょうか。


このように温泉大好き人間が多いのは、北海道が全国屈指の温泉王国であり、大自然の中四季折々の風景を眺めながら温泉を堪能できる最高の土地だからこそであると思います。


そんな北海道の温泉をこよなく愛する皆様とともに守り続けていければと思っています。




最後に私が良く訪問させていただく温泉ブログを下記にご紹介します。

どうぞ皆様今年もよろしくお願いいたします。


★★温泉マンのお気に入りブログ★★

●北海道中 野湯くりげ ☆紀行(管理人:ぴかリンさん)
http://37964346.at.webry.info/

●北海道 温泉めぐり☆記禄(管理人:ぴかリンさん)
http://plaza.rakuten.co.jp/pikarin6500/

●じゅん☆ブログ(管理人:じゅん☆さん)
http://505060.blog12.fc2.com/

●グルメ・温泉に行っちゃうぞ〜北海道の旅(管理人:かりんさん)
http://onsen771.exblog.jp/

●北海道・源泉マニアの突撃入湯レポ(管理人:ダベさん)
http://blogs.yahoo.co.jp/hitou_sukisuki_dabe/

●温泉人 ※ホームページ(管理人:”ぼ”さん)
http://www.h7.dion.ne.jp/~bo_spa/

●湯上りのひと時に・・・ ※温泉人さんブログ(管理人:”ぼ”さん)
http://blogs.dion.ne.jp/onsenbito/

●青さんの「温泉出会い旅」(管理人:青さん)
http://blog.hokkaido-np.co.jp/deaitabi/







それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします♪
ボクの温泉めぐりは北海道無料100秘湯から始まりました
何かに没頭してストレス解消するのもイイですよね
今年も沢山の温泉をまわりたいです♪
じゅん☆
URL
2008/01/03 17:50
●じゅん☆さん
あけましておめでとうございます。
昨年はじゅん☆さんならではの秘湯、奇湯?のレポートを楽しく拝見させていただきました。
人それぞれ温泉歩きのきっかけがあるのですね。

今年も楽しいレポート期待しています。
温泉マン
2008/01/03 17:59
あけましておめでとうございます
表氏著の「無料温泉in北海道」って何処かに売ってないんでしょうかねぇ〜
是非中身を拝見したいのですが流石に本屋には売ってないですしねぇ
「北海道無料100秘湯」はどうにかネット上の書籍でダウンロードでき、いつもフル活用させていただいているのですが、見れないとなりますとやはり気になりますねヮラ

話は変わりますが年明け早々申し訳ない話ですが相互リンクをお願いできないでしょうか?ご検討願います

最後になりましたが今年も色々とよろしくおねがいします!
それでは…
温泉旅がらす
URL
2008/01/06 15:53
●温泉旅がらすさん
あけましておめでとうございます。
コメントいただきありがとうございます。
表氏著の「無料温泉in北海道」はさすがに売っている所を探すのは難しいのではないでしょうか。もしかして古本屋さんにあるのかもしれませんが・・・
「金花湯」の紹介は「無料温泉in北海道」の方に掲載されていますね。
本の情報よりは「北海道中 野湯くりげ ☆紀行(ぴかリンさん)」の昨年の訪問記を参考にされた方がいいかと思います。(当時と道路の様相がかなり変化しているようなので)
「無料温泉in北海道」も「北海道無料100秘湯」同様、ネット版でダウンロードできるといいですね。

相互リンクの件は了解です。私の方はお気に入り温泉ブログへ追加リンクさせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2008/01/06 16:13
ご挨拶が遅れたけど・・・

@(o・ェ・o)@ノ▽▽あけましておめでとうございます@(o・ェ・o)@〜♡
今年も宜しくお願いします。
いい旅7には かなり興味を引く内容がのっていたようですね。私も探し中です。
ブログ内での紹介をありがとうございました。
日を改めてききたい事があるので その時には宜しくお願いします。
かりん
URL
2008/01/07 18:34
●かりんさん
あけましておめでとうございます。
お正月はゆっくり休まれたようですね。
いい旅6迄は自動的に送られて来ていたのですが、いい旅7,8は買いそびれてしまいました。
本って結構邪魔くさいので廃棄した物も多いのですが、温泉関連本だけ何故か残っていました。
今年もよろしくお願いします。

>日を改めてききたい事があるので その時には宜しくお願いします。
私のわかる範囲でしたらお答えさせていただきます。(笑)

温泉マン
2008/01/07 18:47
明けまして、本年もよろしくお願いします。
「いい旅」に出会ったのはbSからですが、正しい温泉についての斬新な内容だったのを覚えています。以降、購読するようになりましたが。
話題の「無料温泉in北海道」は帯広図書館、訓子府図書館などに置いてますね。市町村の図書館で検索すると、在庫の有無を確認できますよ。

ダベ
URL
2008/01/08 11:59
●ダベさん
ご訪問ありがとうございます。
温泉好きの方で「いい旅」を読んでおられる方は多いようですね。

「無料温泉in北海道」、図書館にあったとは意外です。
ダベさん貴重な情報ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2008/01/08 12:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





『温泉』と私 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる