北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕張訪問記 その7 『JR沼ノ沢駅』

<<   作成日時 : 2007/08/07 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、夕張シリーズを続けます。
夕張訪問記の7回目です。
今回は沼ノ沢地区を紹介します。
沼ノ沢地区は前回紹介の真谷地炭鉱からの石炭が専用の鉄道によりここに集積され、室蘭港、小樽港へと貨物列車輸送され、往事は大変な賑わいをみせていた駅です。


まずはJR沼ノ沢駅に立ち寄ってみます。

駅全景

↑【JR沼ノ沢駅】

石勝線新夕張駅から夕張方面の一駅目がここです。



駅舎内

↑【JR沼ノ沢駅】

ここは無人駅で、駅舎内は閑散としています。



D51写真

↑【JR沼ノ沢駅】

駅舎内にSL「D51」の懐かしい写真が飾ってありました。
石炭産出全盛時代かと思います。


時刻表

↑【JR沼ノ沢駅】

JR沼ノ沢駅の列車時刻表です。
以前紹介したJR十三里駅より運行本数が多いのは、新夕張〜夕張間の列車があるためです。


駅名標

↑【JR沼ノ沢駅】

駅名標です。
駅訪問の際、この撮影は欠かす事ができません。

駅名の日本語表記(ひらがな)がかすれてしまっています。

左は「しんゆうばり(新夕張)」、右は「みなみしみずさわ(南清水沢)」です。



南千歳方面ホーム(上り)

↑【JR沼ノ沢駅 南千歳方面(上り)】

こちらは新夕張、南千歳方面(上り)方向です。



夕張方面ホーム(下り)

↑【JR沼ノ沢駅 夕張方面(下り)】

こちらは夕張方面(下り)方向です。



駅裏空き地1駅裏空き地2

↑【JR沼ノ沢駅 駅裏の空き地】                  ↑【JR沼ノ沢駅 駅裏の空き地】

駅の裏手に荒果てた空き地が広がっています。

ここは石炭輸送全盛時、SLに牽引された石炭満載の貨車が行き交っていた場所です。
今、その面影は全く見あたりません。




勾配標・矢印曲線標・矢印

↑【JR沼ノ沢駅 鉄道標識】                     ↑【JR沼ノ沢駅 鉄道標識】

鉄道標識です。


ここでクイズです。

●ここにある2つの鉄道標識の意味はなんでしょうか?

左の写真のなかにある「3.3」と書かれた木の標識と右の写真にある「400」と書かれた木の標識です。

鉄オタの方はおわかりいただけると思います。

※正解は記事の最後で。



レストランおーやま

↑【JR沼ノ沢駅隣のレストランおーやま】

ここ沼ノ沢駅に併設してレストランがあります。

北海道内にはこのようにJR駅にレストランや宿がある等、ユニークな駅が多く見受けられます。



A・coop沼の沢店ホクレンスタンド

↑【A・coop沼ノ沢店】                        ↑【ホクレンスタンド(沼ノ沢)】

駅前に農協系のお店、「A・coop沼ノ沢店」があります。
看板がなければコンビニに見えますね。

さらに道路向かいにホクレンスタンド(農協のスタンド)があります。

ふとスタンドの屋根を見ると・・・・・

スタンド屋根のメロンシール

↑【ホクレンスタンド(沼ノ沢)】

さすが夕張メロンの里ですね、例の共撰メロンにのみ貼る事が許される認定シールが描かれています。

したがってここで販売されている燃料は厳しい審査をパスした「特秀」、「秀」、「優」、「良」に分かれています・・・・ということはありません。(笑)


国道沿いにあるので、燃料補給、お食事に立ち寄られてみてはいかがでしょうか。


●「JR沼ノ沢駅)」 ※Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BC%E3%83%8E%E6%B2%A2%E9%A7%85



■「JR沼ノ沢駅」はこちらです。
JR沼ノ沢駅






●鉄道標識クイズの正解です。

勾配標・矢印

↑【JR沼ノ沢駅 鉄道標識】

この標識は「勾配標」と言われるものです。

複線の場合は原則下り線進行方向左手に設置されています。
ここ夕張線(石勝線支線)のように単線の場合は下り列車進行方向左手に設置されています。

ここに標記されている数字は勾配を表しています。
単位は1000分率(パーミル)です。

この写真は上り方向から撮影していますので、反対の下り方向から見ると、数字が書いてある木(腕木といいます)が左斜め下になっています。

つまり写真手前方向に1000分の3.3(3.3パーミル)で下っているという事を意味しています。



>曲線標・矢印

↑【JR沼ノ沢駅 鉄道標識】

この標識は「曲線標」といい、この曲線の曲率半径を表しています。

つまり、このカーブは曲線半径400mである事を意味しています。



それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと凄いです。
温泉だけではなく、鉄道オタク(いい意味で)でもあったのですね。
自分なんぞは足元にも及びません。
でも鉄路ってなんだかロマンが有っていいですよね。
この勢いで廃線紀行なんていうのもいいかも(笑
カルゴン
2007/08/16 17:58
●カルゴンさん
私も本当の鉄オタには足元にも及びませんので、時々機会を見てちょっとだけ紹介しています。
鉄路はそこに列車が走っていてもいなくても、大いなるロマンを感じますね。
廃線紀行は温泉ネタがなくなったら考えてみます。

ところで来月のSL夕張応援号は予約されましたか?
温泉マン
2007/08/16 23:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





夕張訪問記 その7 『JR沼ノ沢駅』 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる