北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕張訪問記 その10 『JR清水沢駅』

<<   作成日時 : 2007/08/09 14:06   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

夕張訪問記の10回目です。
この夕張シリーズは書き初めの時、お盆前の今週中には終了する予定でしたが、途中割込み記事もありすっかり長引いてしまいました。
微力ながら夕張の現状を知っていただき、少しでも多くの方がお盆の時期を含め夏休み期間中に夕張を訪ねていただきたいとう気持ちからでした。

さて、私の夕張シリーズは今回の記事を除きあと3回程予定していますので、明後日の土曜日以降夏休みに入られる方も多いかと思いますので、取り急ぎ1日に複数記事をupしていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

今まで走ってきた国道452号を道なりに進むと、シューパロ湖を経由し三笠、芦別、富良野方面へと通じています。
夕張市本町方面へはここ清水沢から道道38号夕張岩見沢線へと入ります。
前回紹介のJR南清水沢駅より北へ1.5km進んだ地点にJR南清水沢駅があります。

ここJR清水沢駅はこの界隈では数少ない駅員配置駅です。

まず現在の駅舎模様を見ていただきます。


JR清水沢駅

↑【JR清水沢駅】

駅舎の様子です。



客待ちタクシー

↑【JR清水沢駅】

どの程度の乗降客があるのかわかりませんが、タクシーが客待ちしていました。



駅舎内1・改札口

↑【JR清水沢駅】

改札口の様子です。




駅舎内2・切符売場

↑【JR清水沢駅】

以前紹介した新夕張駅同様、切符売場は常時開いていません。

列車の到着が近づくと開くのだと思います。




駅舎内3・運賃表

↑【JR清水沢駅】

運賃表が掲げられています。



列車時刻表・縦

↑【JR清水沢駅 列車時刻表】




私が訪問した時間帯に列車の発着はなく、次の列車は40分後でした。
先程、駅前で客待ちしていたタクシーはずっとここで待っているのでしょうか。



長い跨線橋

↑【JR清水沢駅】

改札口を抜けると長い跨線橋があります。

その昔、ここに多くの線路が引かれていたためこのような跨線橋が必要だったのです。

石炭輸送全盛時、大夕張地区から石炭満載の貨物列車で溢れていたのです。

現在は夕張線の旅客列車のみとなり、跨線橋は使用されておらず地上の通路を歩いてホーム迄行くことになっています。


昔、ここから大夕張地区(住居表示は鹿島地区)へ鉄道が運行されていました。

三菱鉱業大夕張鉄道です。

ここ清水沢から大夕張炭山間17.2kmです。
(大夕張の詳細は次回の記事で紹介予定です)

大夕張鉄道時刻表
■三菱鉱業大夕張鉄道時刻表 弘済会発行(S41年3月号)


弘済会発行の昭和41年3月号の時刻表で当時の列車運行状況を見てみます。

清水沢駅〜大夕張炭山間の駅名が記載されていますが、記載が省略されている駅名があります。


翌年号になりますが、交通公社の時刻表には全駅が記載されていました。

画像
■三菱鉱業大夕張鉄道時刻表 交通公社発行(S42年5月号)


当時、列車のみならずバスも運行されていました。

当時大夕張で働く方にとって、国鉄線との接続駅であったここ清水沢駅は思いで深い駅の一つだったのです。
そして当時、駅周辺は大変な賑わいをみせていたのです。


夕張方面ホーム(北行き)

↑【JR清水沢駅】

こちらは夕張駅方面になります。




新夕張方面ホーム(南行き)

↑【JR清水沢駅】

こちらは新夕張・千歳駅方面になります。



ホームから駅舎を見る

↑【JR清水沢駅】

ホームから駅方向を見てみます。

途中にたくさんの線路があったなんて今では想像ができません。



積雪深標

↑【JR清水沢駅】

降雪量を測定するための積雪深標が建てられていました。

この辺りは冬、雪が多く降ります。



駅舎を出て表にある商店街を見てみました。

駅前商店街1

↑【駅前商店街】

ほとんどシャッターが閉まった状態です。

昔は多くの人の乗り降りでさぞかし賑わっていたことと思います。

駅前商店街3

↑【駅前商店街】

左を見てもシャッターです。


駅前商店街2

↑【駅前商店街】

右を見てもシャッターです。

街の空洞化が進んでいます。

何とも寂しい光景を目の当たりにしてしまいました。


●「JR清水沢駅」ホームページ ※Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%B2%A2%E9%A7%85


■JR清水沢駅はこちらです。


JR清水沢駅



次回は大夕張地区を予定しています。



それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
取材お疲れ様です。
おいしい話題からちょっと寂しい話題ですがこれが本当の
夕張なんですね。
もぐら
2007/08/09 18:11
夕張寂しいですね。なんとかまたにぎやかになって欲しいですが。
シューパロ湖の水色の水の輝きが綺麗でした。
かりん
URL
2007/08/09 19:52
●もぐらさん
今まで紹介してきた夕張はどちらかというと「明るい夕張」です。
今回紹介の夕張は「暗い夕張」です。
夕張全体としては現在後者なのです。
明日もちょっと暗い夕張の話しの予定です。
温泉マン
2007/08/09 22:28
●かりんさん
私も少しでも賑やかになってほしいと思い、現地取材を敢行し記事を書いてみました。
残念ながら現実は大変厳しいものがあります。
観光資源として残された施設の運用については、私も大いなる問題を感じてしまいました。
その点については明後日掲載の夕張シリーズ最終回記事で書きたいと思います。
シューパロ湖周辺に関しては次回の記事で紹介予定です。
温泉マン
2007/08/09 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





夕張訪問記 その10 『JR清水沢駅』 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる