北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【道央圏特別編】支笏湖周辺 その1『丸駒温泉』

<<   作成日時 : 2007/06/05 01:44   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回から3回に渡り【道央圏特別編】支笏湖周辺をご紹介します。
ここ支笏湖は支笏洞爺国立公園になっています。

ここに大正4年(1915)創業の秘湯があります。

その名は 『丸駒温泉(まるこまおんせん)』 です。

●『丸駒温泉』ホームページ
http://www.marukoma.co.jp/


今でこそ気軽に車で温泉宿前迄行くことができますが、昭和42年の陸路開通までは湖上を船でしか辿り着く事のできない、まさに秘湯中の秘湯でした。

支笏湖周辺の道路は札幌冬季オリンピック(1972年)滑降競技が湖畔の恵庭岳で実施されたため、それに合わせ整備されたのです。



国道453号を札幌から約40Km走行すると下記写真の交差点に到着します。

国道453丸駒温泉への交差点


↑【国道453号 丸駒温泉への交差点】
そのまま直進し道道730号丸駒線を進行します。

ここは一時停止の交差点なので注意しましょう。


右側の標識


↑【国道453号 交差点右側の標識】
丸駒温泉迄はここから3Kmさらに進行します。

もう一つの標識いとう温泉は次回紹介予定です。



丸駒温泉への林間道


↑【丸駒温泉への道】
道道に入ってからは新緑の木立に囲まれた道を進みます。

何とも気持ちが良いです。




全景1


↑【丸駒温泉】
先程の交差点から5分程走ると行止りとなりそこが丸駒温泉です。



■場所はこちらへ■

丸駒温泉





秘湯を守る会


↑【丸駒温泉】
日本秘湯を守る会会員の宿です。
北海道には9つの会員宿があるうちの一つです。




フロント


↑【丸駒温泉】
玄関を入って左手にフロントがあります。


山本光恵さん日帰り料金・時間


↑【丸駒温泉フロント】                        ↑【丸駒温泉日帰り利用案内】
フロントの山本光恵さんが親切に対応いただきました。

通常は大人1000円ですが雑誌HOの割引クーポンを利用しましたので半額の500円でした。
日帰りでの利用時間は10:00〜15:00と一般的な日帰り温泉施設の利用時間より短めとなっていますのでご注意の上ご利用下さい。



レストラン売店


↑【丸駒温泉 レストラン】                      ↑【丸駒温泉 売店】
玄関正面にレストラン、右手に売店があります。



風呂への通路1F案内図


↑【丸駒温泉 浴場への道順】                   ↑【丸駒温泉 1F館内案内図】

実は玄関を入ってフロントの位置が2Fになります。

浴場は1Fとなりますのでフロント横の通路を通り1Fへ下ります。
案内標識がありますのでそれに従って進みます。



大浴場付近ラウンジ


↑【丸駒温泉 大浴場付近】                     ↑【丸駒温泉ラウンジ】
しばらく進むと大浴場入口のフロアに着きます。

横がラウンジになっており、湖畔を眺めながらゆっくりと飲み物等を飲むことができます。



貸切風呂料金


↑【丸駒温泉 貸切露天風呂】
大浴場手前に貸切の露天風呂が2室あります。

50分2500円となっています。
日帰りでの利用者も利用可能となっています。




女湯のれん男湯のれん


↑【丸駒温泉 女湯入口のれん】                  ↑【丸駒温泉 男湯入口のれん】
大浴場の入口です。



スリッパ棚天然露天水位注意書き


↑【大浴場スリッパ棚】                        ↑【天然露天風呂(湖水)水位注意書き】
日帰り利用の方は、1Fに下足箱がありそこでスリッパに履き替えます。

そこに貴重品ロッカーもあります。

天然露天風呂(湖水)の水位状況が書かれています。
深夜の入浴をご遠慮いただく旨の注意があります。


大浴場脱衣室


↑【丸駒温泉大浴場脱衣室】
大浴場(男湯)の脱衣室です。



内風呂


↑【丸駒温泉 大浴場 内風呂】
大浴場の内風呂です。



洗い場サウナ室


↑【丸駒温泉 大浴場 洗い場】                  ↑【丸駒温泉 大浴場 サウナ室】
洗い場の様子です。

サウナ室もあります。


露天風呂


↑【丸駒温泉 大浴場 露天風呂】
大浴場にある露天風呂です。



露天風呂テラス


↑【丸駒温泉 露天テラス】
露天風呂横がテラスになっており、湖を眺めながら休息できます。



飲泉


↑【丸駒温泉 露天横 飲泉所】
珍しい飲泉場所があります。






次に丸駒温泉名物、天然露天風呂へ行ってみる事にします。

天然露天への案内板


↑【丸駒温泉】
大浴場脇の上に案内があります。



階段階段2


↑【丸駒温泉 天然露天への通路】                ↑【丸駒温泉 天然露天への通路】
案内に従い湖面の方へ向かいます。


廊下1廊下2


↑【丸駒温泉 露天への廊下】                   ↑【丸駒温泉 露天への廊下】
露天へは廊下を渡って行きます。




秘湯を守る会提灯
←【天然露天風呂の提灯】
日本秘湯を守る会の提灯がここにもあります。





露天脱衣所


↑【天然露天風呂 脱衣所】
ここにも脱衣所があります。





露天1


↑【天然露天風呂】
湖水に面した天然の露天風呂です。




露天2


↑【天然露天風呂】
無色透明の湯です。

端からみると湖の一部と勘違いしそうです。



さて、筆者得意の露天独り占めのお時間です。

筆者入浴・横顔


↑【筆者入浴】

ついこのような大自然の中では大きく腕を広げ深呼吸したくなります。


筆者入浴


↑【筆者 湖面に向かい深呼吸】
その通り深呼吸させていただきました。



湖水との水位


↑【湖水と温泉の境界】
ちょっとわかりずらい写真ですが、温泉(手前)と湖水(奥)の境界です。

湖水の水位に連動し温泉の水位も変化します。

この日は135cm程でした。



船着き場


↑【丸駒温泉 船着き場】
前述したように以前は対岸の支笏湖温泉から船でしか来る事のできない温泉でしたので船着き場があります。

今も対岸から船が出ていたと思います。


北海道の秘湯を語る時、この丸駒温泉を挙げられる方も多いかと思います。

札幌から1時間程で到着できる事も魅力の一つです。

是非皆さんもお出かけ下さい。



本日ご紹介の行程は次の通りです。

画像









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





【道央圏特別編】支笏湖周辺 その1『丸駒温泉』 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる