北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のまち紹介「石狩市」その2 鮭鱒料理と温泉編

<<   作成日時 : 2007/04/30 01:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私が現在住んでいる石狩市紹介の2回目です。
その昔石狩は鮭漁で賑わう町でした。
私が今回紹介させていただくのは鮭鱒料理の老舗温泉です。

先ずは鮭の頭から尾までを使うフルコースの鮭料理の神髄を楽しむ事ができる割烹をご紹介します。

その名は金大亭(きんだいてい)です。

金大亭につきては下記URLを参照願います。
http://www.walkerplus.com/hokkaido/gourmet/DETAIL/V-HOKKA-4RTAF733/


創業は明治13年の老舗です。
何と今年で創業127年を迎えます。


鮭料理といえば石狩鍋がありますが、金大亭はその元祖と言われています。
上手な作り方を金大亭の女将さんが伝授する記事が北海道新聞社のネット上にありますので参考にされて下さい。

●プロに教わるうまい石狩なべ
http://www5.hokkaido-np.co.jp/shoku/nabe/ishikari/main1.html


金大亭(up)


↑【鮭料理、「金大亭」】
知らずに通りすがるとここが老舗とは誰も気が付くこともないでしょう。

何とも歴史を感じさせてくれる建物です。


金大亭全景


↑【鮭料理、「金大亭」】
広い駐車場もあります。

なお、金大亭は完全予約制となっていますので、ご利用の方は事前にご予約の上お出かけ下さい。
営業時間11:00〜19:00 不定休 (TEL 0133-62-3011) 


金大亭の場所はこちらへ
金大亭







さて次は温泉を紹介します。

石狩市には今年3月まで第三セクターが経営する公営温泉「番屋の湯」そして隣接して宿泊施設「番屋の宿」がありました。
開業当初は石狩町民(市民)を始め札幌市等の近郊市町村より多くの来場者がありいつも混雑し大変な賑いでした。
しかしここ数年近隣に安価な温泉施設が急増し来場者も激減し経営が悪化しその両施設は民間へ譲渡されました。

私的に言えば三セクの運営に大いに問題があったと思っています。


三セク当時家族で行った時の入口風景があります。

画像
←【旧石狩町保養センター番屋の湯 ’95年9月17日撮影】


看板が当時の三セク表示となっています。



そして番屋の湯は4月21日石狩温泉魞(えり)の湯としてリニューアルオープンとなりました。
http://www.erinoyu.jp/rate01.html


●魞の湯の場所はこちらへ
えりの湯(旧、番屋の湯)


えりの湯


↑【石狩温泉、魞の湯(旧石狩市保養センター番屋の湯)】
実はリニューアルしてからまだ行っておりません。
温泉マンの私としては地元の温泉という事もあり皆様に最新情報をお伝えしなければと思いつつ仕事に没頭している間にゴールデンウィークに突入してしまいました。
おそらく連休中は大変な混雑が予想されますので、レポートはその後とさせていただきます。

旧番屋の湯からの短期リニューアルなので中の浴槽配置や規模等には変更がないようです。

リニューアル後入浴料金が旧番屋の湯時代の大人600円から900円(土日祝日は1200円)となりました。

新たに館内着やタオルの貸出しがあるのと、以前は宿泊者以外利用できなかった番屋の宿にあった展望露天風呂も利用できるようになりました。

詳細につきましては近日中に訪問しレポートしたいと思います。



魞の湯の「魞」の名前の由来が施設の壁にその説明がありました。

えりの湯由来


↑【石狩温泉、魞の湯名称由来】
 



隣接して宿泊施設番屋の宿があります。
温泉は番屋の宿にもありますが、魞の湯と番屋の宿とは地下通路を利用し相互に行き来ができます。


番屋の宿全景


↑【番屋の宿】
新しく立派な施設です。
3階には海に沈む夕日の美しさを堪能いただける展望露天風呂があります。


番屋の宿玄関


↑【番屋の宿】
宿泊施設「番屋の宿」入口になります。



そして石狩市は日本海に臨む町です。
北海道の短い夏ですが、海水浴場が温泉裏手すぐの所にあります。


海水浴場


↑【石狩浜海水浴場(あそびーち石狩)】
我が家も子供が小さい頃良く来た浜です。




石狩市は大都市札幌の影で目立たない存在ですが、隠れた名所もありますので是非お訪ねください。


本州方面からお越しになられる方は若干時間を要しますが新日本海フェリーをご利用になって小樽まで来られてはいかがでしょうか。


小樽港までは以下の航路があります。
参考迄に所要時間と2等旅客運賃を記載します。
時間がかかりますが航空運賃に比べると格段に安いです。

新潟〜小樽(所要時間:18時間 月曜日を除く毎日運行) 5500円〜9000円
舞鶴〜小樽(所要時間:20時間 毎日運行) 8800円〜12000円
敦賀〜小樽(所要時間:19時間15分 特定日運行) 8800円〜12000円



小樽より石狩市までは車で約30分程の距離です。

是非石狩へ一度お訪ね下さい。
お待ち申上げております。


それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり値段が上がるのですね。
でも、リニューアルした施設は「食」にこだわっているらしいので、楽しみでもあります。
nikumaru
2007/04/30 08:41
●nikumaruさん
料金と内容が見合うのか近日中に行ってレポートしたいと思います。
以前は「食」の方は全くダメでしたね。

オープン時、北海道新聞に全面広告が載っていましたが、浴槽配置などは番屋の湯時代と変わっていませんでした。
変わったといえば番屋の湯時代と違い、男湯と女湯が入れ替わっていました。
私としては隣の番屋の宿にあった展望露天風呂がどのようなものか楽しみにしています。
温泉マン
2007/04/30 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





私のまち紹介「石狩市」その2 鮭鱒料理と温泉編  北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる