北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 道北地方の温泉

<<   作成日時 : 2007/03/04 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、ブログ記事掲載のため、我が家納戸にあった家族写真を整理しました。
我が家が本格的に温泉巡りを始めたのは1990年春頃からでした。
それまではその時々の思いつきで近郊の温泉に入浴していた記憶があります。
当時私の健康回復を目的としていたため、写真は所々撮影していますが、浴槽や入浴状況の写真はそれほど多く残ってはいません。


それでも残っていた写真の中からブログ上で紹介してまいりました。

今考えると、もっともっと写真を撮っておけばよかったと後悔している日々です。
デジカメの普及で現在であればよりたくさんの記録が残せますが、当時はフィルムの残枚数を気にしながら、それもたまには撮影に失敗し、結果的に使い物にならない写真も多くあったのです。

北海道観光や温泉を語る上で、北海道内を4つのブロックに分けて紹介する場合があります。

道央、道南、道北、道東です。

温泉が一番多いのは道東かと思います。
当ブログでも今まで道東の温泉紹介が多かったかと思います。

記事を書き進めていて気が付いた事があります。
北海道の温泉を隈無く回ったつもりですが、道北地方の温泉写真がほとんどありません。

写真を探してみると1ヵ所見つかりました。

道北は音威子府村にある天塩川温泉です。


場所はこちらへ






温泉近くにJR宗谷本線、 「天塩川温泉駅」があります。

実は音威子府駅は国鉄時代交通の要所でした。

音威子府駅から線路は2つに分岐し稚内迄延びていました。

1つは現在も残っている宗谷本線です。
もう1つは天北線です。

残念ながら1989年(H元)5月1日廃止となりました。


昭和41年(1966)3月号国鉄時刻表がありましたので見てみます。

画像

←【S41年3月国鉄時刻表】

1日1本、天北線回りの急行が走っていました。







我が家では1991年(H3)3月17日に天塩川温泉に行っています。


01建物正面


↑【天塩川温泉】
国道40号から少し天塩川へ入った閑静な場所にあります。

音威子府は木材の村です。

温泉施設内にもその木材が多く使われています。



02内風呂


↑【内風呂】
内風呂の様子です。

露天風呂もありますが、ここは源泉温度が低いため冬期間は閉鎖されます。

この時の訪問は日帰りでの利用でした。
その後しばらく訪問していませんでしたが、2年前稚内へ出張の途中に宿泊しましたが、部屋は木材を基調とした落ち着いた雰囲気の部屋で、ゆったりとできたのを覚えています。


温泉施設裏手にキャンプ場があり、家族連れで賑わう事と思います。


我が家に残っている道北の温泉写真は極めて少ないですが、道北に名湯も多く存在します。


次回以降、温泉写真はありませんが、家族で楽しめるキャンプ場や観光スポットを交えながら紹介していきたいと思います。


北海道もまもなく雪解けを迎え春の到来も間近です。

当ブログでも春らしい記事を今後書いてみたいと思っています。


やはり、春の北海道は新鮮です!!



それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





道北地方の温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる